A faded photograph I mailed to youWith feelings I don’t want to faceAnd a
We’ve only just begunTo liveWhite lace and promisesA kiss for luck and we’re on
What’s it all about, Alfie?Is it just for the moment we live?What’s it all
In her own sweet worldPopulated by dolls and clownsAnd a prince and a big
Raindrops on roses and whiskers on kittensBright copper kettles and warm woolen mittensBrown paper
苺のように甘酸っぱい蒼い未来に君がふと振り向けば遠ざかる街並み 僕の姿 もう君から見えないとしても 瞳をそっと閉じてみてほら、すぐに 朱く優しいあの苺のワルツが君の心の中にほんのり伝わるよ 海の碧さも思い出せないくらいに夜が永くとも凍える胸に 温もりを 苺のように瑞々しい蒼い君は淋しげな校庭で誰に恋しているかな 初めての恋にも イチゴのワルツの調べ やけに冷たく心に降りつけた 時代の変わり目の雨がやがてその後
Christmas time is hereHappiness and cheerFun for all that children callTheir favorite time of
To lead a better lifeI need my love to be here Here, making each day
そっと唇をかすめた 雨上がり一人帰り路急いだ幼い日に思い切り見上げた空夢を映せない瞳にも遠く紅く陽はにじんで 夜の無い世界の花達に埋もれ生まれ変わる瞬間を想い焦がれ追いかけても何時になればまといつく風ちぎれる? 誰も傷つけたくなくてつく嘘はきっと許してあげられる風は止んだあの日から闇の中で彷徨い続けて流した涙が今明日を告げて 退屈な世界は昨日に預けて生まれたての星を捜し出そう降り続けて輝き出すあなたの小
夕暮れ 水際のベンチで さっきから独り夜を待つコンビナートはサンセットピンクに染められてゆく 離れて眺めた東京 思うより素敵に見えたのワタシから別離告げたアナタも 風花の日 交わしたあの約束でさえも 薄暮の奥消え逝く運命だとしても 他の誰かの腕の中で 優しく抱かれてもアナタの夢見るの見えすいたウソをつかれても 振り廻されてもワタシ許すばかり冷たいの 冷たいのに 愛しい 灰色の都市へ戻ろうかな 週末は誰を誘