ながす涙も 輝きみちしあわれ十九の 春よ春すみれつみつつ 散る白露に泣きし十九の 春よ春 君はやさしく 涙は甘く唄をうたえば 花散りぬ乙女振袖 ゆく白雲もわれを眺めて 流れゆく 我世さみしと 嘆くな小鳥春はまたくる 花も咲く愛の光に 夜はほのぼのと明けて十九の 春よ春