写真の中 笑っているだいすきな皆(ひと)雲の流れが 不思議 速くて大きな空の下 午後一時思い出す 確かなものは 夢現(ゆめうつつ) Ah 見えないなでもべつにこわくない 大丈夫見透かされている 涙も 強がりも君が見ていてくれるから そのままで 絶対手を差し伸べるからありのまま走って 迷って飛んで頼られるほどに 強くなる私はI can’t be alive with out youありがとう 風に乗った 紙飛