きらめく地平線の向こうまた新しい明日が始まる忙しい毎日に流され大切な何かを失くしてた 心がさわぐときには風に吹かれるのあふれるこの想いが本物かどうか… ときめきたい もっと夢に届くように未来のかけらがここにあるから信じている ずっと二度とない瞬間に誰にも似てない私を捜しつづけたい どんなに時代は進んでも伝えたいこと 揺るがないでしょうまばゆい朝陽に照らされて もういちど素直になりたくて 思いきり泣いたあとは生ま