20世紀のミスキャスト蜜より甘いセリフはいかがジャスミンの香り見透かしたような敏感な瞳としぐさ夢中になって追いかけて行くよ確かめるためにどうしても君に会いたいもう一度君に会いたい伝説の扉を叩き通り過ぎるメスネコよ1人ぼっちで捜してるのに激流に飲み込まれてしまった1人ぼっちで気分はいいけど「自由」に縛りつけられてる不幸に愛されウソで固めた 窮屈な笑い眠りにつくまでの間にもう一度君に会いたい伝説の扉
オレンジ色の月が溶けて時計を忘れたままに夢遊病者のようにたたずみ影を闇に返そう止まるようなステップでAll Night Long終わったはずの夢をまた見た目覚めたくない夢を見た日陰の中で育ったから日を浴びた君がほしい止まるようなステップでComin100% 純粋な獣のように叫んで100% ソリッドな愛を花びらに乗せて Yeahクリスタルをフラッシュさせるのさ予想もつかない事には永遠という名をつけ