青い月光、寄せる波いわばの海面近くに走る季節はずれの霧貴方がたの力を見込んでひとつ、お願いしたいことがあります満ちゆく夜の深みに現れた幻想白く染まってく神秘的な月の光包まれてかつて奪われた宝剣を取り戻していただきたいのです遠い昔に見た情景よみがえるあなたに出会えたことで思い出すあの頃の空胸の中締め付ける想い切なく響く声この旋律に乗せて行け頬にキスをしたまた会えるよさよならでは、ごきげんよう