奇数と偶数 – マイアミパーティ

誕生日が終わる瞬間に日付が変わるところを見届けて
「終わってしまった」と感じる呆気なさ
今まさにそんな気分だよ

弱音を吐いた君に強がりな僕が 寄り添うことができたなら
寂しがりやな君と忙しい僕が 寄り添い合えてたら
もう少しうまくやれたかな

できれば誰からも愛されたいと願うほど
誰からも深く愛されることはない
本当のことはいつも胸の中
隠したいことなど1つもないのに

弱音を吐いた君に強がりな僕が寄り添うことができたなら
冷めきった僕と 愛されたいだけの君が 寄り添うことができたら
もう少しうまくやれたかな

強がりな僕と泣き虫な君の
その間にいつか子供ができたなら
真面目な君と嘘つきな僕の
その真ん中の優しい子供ができるから
「僕たちこのままでいいよ」なんて
言い合った日を思い出して
立ち止まってる