能動的ニヒリズム – ペンギンラッシュ

見え過ぎる 小さいくせに
見え過ぎるのに顔が見えない
見え過ぎる いらないことも
見え過ぎるのに定かじゃない
見え過ぎる

遊び場だった平行線の手段となり
壊れ始めた
止まらない情報操作
見えているものは頁実なのか
交わした顔の見えぬあなたは誰

いつしか忘れた人と人
私とあなたは同じ人
寄り添いは寄り過ぎになり
関心が干渉に変わる時
批判は抽象と化してしまう

教えてよ 真実を
性を求め 政を詰り 生活に怯える
教えてよ 真実を
欲に真摯 翼の摩擦 生まれたのは混沌
教えてよ 真実を

垂れ流された言葉の羅列は簡単に
ハートを穿つのさ
見極めなければならない私たちは
顔の見えない正体に常に脅かされながら

見え過ぎる 小さいくせに
見え過ぎるのに顔が見えない
親指で触れた繋がリ
見え過ぎるのに定かじゃない
見え過ぎる あなたは誰だ