晴れ間 – ペンギンラッシュ

なまぬるい風が吹く
駅のホームから上がると見えた
夜明けを知らす来光
すれ違う これから街へ行く人々

踊り疲れて気だるい体
眩しい光にまだ慣れない目
どうしようもない感情は 何と名付けよう

雨上がりの湿った空気
大きく吸い込んだ
水たまりに映る空は美しい
綺麗すぎる朝が僕を責めているようだ

証明出来ないのに走らせた車
吐けなかった言葉を吸い込んで
駄目な煙と一緒に吐いた
意味が無いことは知っていたけど

アルコールを含んだ体
いつかの傷を赤く染める
赧らんだそれを見て
かつての夢を思い出す

忘れたかっただけなのかもしれない
まだ間に合うだろうか
カーテンを照らしすり抜ける光
誰か導いてくれないか
深く底のない日常から