火の接吻 – ペギー葉山

燃ゆる口づけ このひととき
たとえとげある 仇花でも
ふれて刺されて 焦がれてみる
だけど わたしは気を付けねば

いつか心も 千々に乱れ
ひとり淋しく あてなき旅
果ては 心の火も消え果て
口づけを 夢にえがく
妖しくも 一人わが胸
おもいなやめど
汝(な)れこそ すべて
口づけを交わし日から
君がしもべとなり果てぬ
Don’t pity me, Don’t pity me

今宵限りの 思い出にも
たとえこの身は 朽ち果てても
せめてこの世の あこがれ秘め
君に捧げん
あゝ キッス・オブ・ファイアー

I can’t resist you what good is
there in trying
What good is there denying
You’re all that I desire
Since first I kissed you my heart
was yours completely
If I’m a slave then it’s a slave
I want to be
Don’t pity me, Don’t pity me

Give me your lips, the lips you only
let me borrow
Love me tonight and let the devil
take tomorrow
I know that I must have your kiss
although it dooms me
Tho’it consumes me
Your kiss of fire
Your kiss of fire

コメントを残す