2023 – ベルマインツ

息をするのもやっとで わるい目覚めを迎えた
今日も変わらず微笑む 君を見上げて 目を瞑った

2023 くだらない会話もまた
尊いものとわかる日が来れば
新しい部屋で始まった暮らしにも
随分 慣れた頃だろう

破れたフィルムの中で おどける君がいた
曖昧な記憶の中で見つけた 光のはなし

ふくらんだ白いレース おどる風をつかまえて
響くたおやかな声に 片目瞑って 宙を縫った

時は来る 沈む夜なら悲しみにくれてやれ
微睡んだ朝方の夢 隙間から覗く光
破れたフィルムの中で おどける君がいた
木漏れ日に眩んで失せた記憶も すべて愛そう

燃えて灰になる日々も いつかの窓にきらめく