時代 – ベルマインツ

時代と時代のちょうど隙間で 新しい夢ができました

長い梅雨の入り口 ちょうど手前辺りで
なんだかよくわからなくなったようだ

様変わりした僕らの庭でひとりきり
行方もなく歩くのさえ 悪いことしてるみたいだった

時代と時代のちょうど隙間で 新しい夢ができました
つぎの時代が僕らを乗せて 回り始めても
あなたの前で 歌えますように
愛しい歌を