花束 – ベリーグッドマン

いつもの帰り道 お腹を空かせて浮かぶ
君の優しい顔
何も言わずに いつも 僕のためにありがとう
これからは二人で 悩んだり泣いて怒って
ありのまま生きていこう
何も言わずに いつも 僕がそばにいるから
普段通り君と何気ない会話から
もっと 愛してるとかありがとうって言えたら
いいのにな

ずっとこれからも この先も
僕のそばにいてほしい
そっと流した涙 その瞳に 映る僕は幸せ
ずっとこれからも この先も
君のそばで笑ってたい
そっと手渡した花束 君のことを
大切に思って束ねた

春は風に乗せて
夏は陽の匂いと共に迎えに行くよ
秋の月影 二人の愛
冬は寄り添い温もりを知った

我慢強い君も
泣くことだってあるんだ
そのときはいつも側で
抱きしめるよ
不安も喜びも全部二人で一つ

ずっとこれからも この先も
僕のそばにいてほしい
そっと流した涙 その瞳に 映る僕は幸せ
ずっとこれからも この先も
君のそばで笑ってたい
そっと手渡した花束 君のことを
大切に思って束ねた

同じ時代に僕らは生まれて
こうして同じ瞬間を生きてる
そして出会えた
それだけで奇跡なのに
僕らは一つになれた
記念日でもなんでもない
毎日に愛を君に届けよう
愛してるよ

そっと手渡した花束 君のことを
大切に思って束ねた

コメントを残す