必ず何かの天才 – ベリーグッドマン

俺らは必ず何かの天才
絶対、輝ける世界
でっかい、夢なんてなくていい
君のままで ありのまま

すでに俺らは誰かの天才
絶対、待ってる人がいる
正解、不正解はないけど
信じたモノを信じようぜ

Ei What’s Up? 急にどうした?
ほら「自信が無い」とか言うな
才能に気づいてないだけ
マジで俺には眩しく見えてるよ
子供みたく子供と遊ぶ天才
余り物でうまい飯作る天才
人は一個 必ず光るモノ
「これでいいのだ」

ほんの少しの違いで
天才とバカに振り分けられて
たぶんそこには自分を信じてるか
どうかの違いだけなんだ
俺にはこれしかないなんて
決めずに全ての可能性を
探すことも生きる上で
大事なアンサー

無茶苦茶になりくさったこの人生も
誰かにとって 自分にとって
映画のように色づく
君しか君を演じられやしない
特別でしかないその才能を
格別に磨こうぜ

クラシックを鳴らせ
JAZZのように
なんて天才的なライセンス
どこで手に入れるの
あてのない旅で宇宙に着いたような
やっばい感覚と
絶望と恐怖を飼いならすが故
見抜ける世界中の愛を

スカした面で気取ったこの人生も
誰かにとって 自分にとって
名画のような色めき
君しか君を描くことができない
特別でしかないこの一瞬を
全力であがこうぜ

俺には何もないって文句をたれて
悔しかった 認めて欲しかっただけなんだ
誰も太刀打ちできやしないほどの
力じゃなくて 誇りを掲げて

無茶苦茶になりくさったこの人生も
誰かにとって 自分にとって
映画のように色づく
君しか君を演じられやしない
特別でしかないその才能を
格別に磨こうぜ

一体 何者で どこからやって来て
どこへ向かうのかさえ
分からなくなった

それでも俺らは必ず誰かの天才
絶対、待ってる人がいる
正解、不正解はないけど
信じたものを信じようぜ

コメントを残す