プラチナの三日月今 ふんわりたたずんだ空見上げて想うあの流れ星きっと月の涙ねそしてあなたを想ったどうして私 涙が出るの?永遠をただ 祈っているのに未来を信じ 歩いていたい月が何回 満ちては欠けても あなたと暗闇を照らしてただ地上を見つめてる月私もそんなこのまなざしできっとあなたのことを見守りたいの いつでもあなたと出会い 初めて知ったせつなさが頬 濡らしてゆくけど前だけを見て 歩いていたいどんな時