いまもうかぶあの空を2人して見てた飛行機はぼんやりとんでって2人して見上げていたのね君の話もあの空にとんでっていった飛行機ぼんやり絵をかいて青い空汚していたのね2人の物語は いつでもあの日のままいくつもの時がたっても消えない飛行機雲も あのひのままだよこんどもここでずっと会える いまもうかぶあの空も消えないで待ってる飛行機こっそり追ってきて2人して見上げていたのね2人の物語は いつでもあの日のままい
Free Time 忘れちゃうひとときFree Time いとしい人 用もなく 用もなく 歩く このひととき言葉にならないで いつもどっかいっちゃうんだよ Free Time 何もないひとときFree Time そばにいる人 用もなく 用もなく のぞきこむ君の顔言葉にならないで いつもニッと笑うんだよ Ho! Fun In The Funny Face Feeling Nice Feeling Nice 突然のひとときをだれも止め
いつも怒ってるのさ かわいいカバンもキスも捨てちゃってあんたは甘い奴だと ツバを飛ばして言うんだよ3年過ぎたら きっときっとやってやるさと言っていたのは あなたの方じゃないですか Little Flapper 意気込んでみせてよLittle Flapper wow wow wowLittle Flapper 忘れものしたのかいLittle Flapper いつも決まってるのさ はずかしいこともしてるよ大きなカバン
トゥトゥルトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥル 晴れた日は(晴れた日は)君を誘うのさ晴れた日は(晴れた日は)君を連れ出すのさ 遠くへ(遠くへ)急ぐ君を 遠く(遠くへ)へ急ぐ君を見たくてトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥル(走ってゆくよ)トゥトゥルトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥルトゥトゥル
ずっと待ってるぜ 長い髪の王女様カミナリみたいに落ちてくる君のことだけをボクは見てるようだよ ARE YOU STANDING? 静まり返った午前3時 この街の中は何がある?誰もが小さないい夢 見ようとして生きてるさ誰もが調子のいい夢 見て過ごしているよ I Walk Hey BABY 調子はどうだい? 動き出してるこの空 走り出してる白い犬動き出してるこの空 走り出した白い犬明日は何があるのかね あなたは誰に会うの
真白い君の肩を抱きながら何を言えばいいのかわからない僕だったよ 知ることもなく 消えては浮かぶ君との影 すぎていく影意味なんかない 意味なんかない今にも僕は泣きそうだよ このまま連れてってよ 僕だけを連れてってよどこまでも連れてってよ 君とだけ二人落ちていく BABY, IT’S BLUE友達もいなくなって BABY, IT’S BLUE 夕暮れの君の影を追いかけながら今もこのままで 止ま
心の揺れを静めるために静かな顔をするんだ真赤な眼で空を見上げて静かな顔をするんだ 眠ってる人を思い出すんだ眠ってる人はみんな好きだから眠ってる君を思い出すんだ眠ってる顔が一番好きだから ポッカリあいた心の穴を少しずつ埋めてゆくんだぼんやりきまった空に君を大きく思い描いて ぼんやりしてればいいことありそうな気もするし気もしないわからないけどさみしい時に泣けばいいだれかにだけやさしけりゃいい明日に頼らず暮ら
MAGIC LOVE MAGIC LOVEMAGIC LOVE MAGIC LOVE だれかとだれかがどこかで2人出会ったら小さな小さな祝福の灯がともってそして小さな時間の輪がまわり小さな想いがかけまわってひとりでそうかとうなずくんだ 胸がかゆいほどに騒ぐ夜もあるさほんのささいな言葉 思い出してひとりでそうかとうなずくんだ つながりはいつもそこさ 心ふるわす瞬間さつながりはいつもそこさ 心ふるわす瞬間さ MAGIC L
去年の今頃のことさ笑ってみせてくれた Blue Summer 夏はいつでも大騒ぎで僕たちは 大間違い Blue Summer Blue Summer Blue Summer 君は夢をもってたねぇ君の夢はどこへ消えたの Blue Summer Blue Summer Blue Summer つぶる君が踊るように笑って消えてったあの夏の夜、夜… Blue Summer Blue
ピアノが欲しくなったら 何をすればいいピアノが欲しくなったら どこへいけばいいピアノが欲しくなったら 君は逃げられないピアノが欲しくなったら 何もできないよAh ピアノ 君の欲望のすべてが見えるよ 何も隠さないで僕に聴かせなよ何でそんな風にとぼけているの何でそんな風に落ち着いていられるのAh ピアノ あきらめもせずに眠りについた あなたのもとにしのび寄ってくるピアノがねえ呼んでるんだよ 淋しそうな顔で音楽
笑いを忘れた恋人たちには新しい明日が見えてくる涼しい顔した 2人の気持ちは今も ゆっくり 進むのさ 待ちぼうけのあの人の手紙が来るころは僕らもう霧の中 キレイだね ホラ 100ミリだけのカラッポを離さないでおくれ?ただボンヤリある空をメチャクチャにぬりかえて 笑いを忘れた恋人たちには新しい明日が見えてくる涼しい顔した 2人の気持ちは今も ゆっくり 進むのさ 100年 過ぎたら きっと 浮かびあがるだろう 1
広いソファーの上で2人大事なことを話し合うのさ君は背伸びで外を見つめてひどく大きな落とし物に気付くOh yeahスゴイダンスを踊ってみせて目の覚めるような スゴイダンスをとりもどせないなくした何かをみつけだすような スゴイダンスを 楽しいことなんて そんなにありゃしないから 街の空気は流れつづける2人の街は遠い世界へ赤いベンチも乾いた空も“わかりました”と消えてゆくのさ 楽しいことさえも 忘れた僕だよOh
Thank You Thank You for my lifeThank You Thank You for my life 静かに暮らそうぜバナナ メロン バナナ メロン バナナ メロンかじってso fruit
終わらない夜に Ready Goバックビートにのっかって他人の夢でも見てみたい重いまぶたにのっかって 不安が夜の宙を舞ってきっと誰かをだめにしてるあの娘は今も愛を放って子犬みたいに眠ってる Everyday is watching youEveryday is watching you きみを誰かがよんでるぜEveryday is watching youEveryday is
UP & DOWN UP & DOWN SLOT FASTUP & DOWN ナイトクルージング だれのせいでもなくて イカれちまった夜にあの娘は運び屋だった夜道の足音遠くから聞こえる だれのためでもなくて 暮らしてきたはずなのに大事なこともあるさあー天からの贈り物 UP & DOWN UP
眠りの国から覚めた僕は だらしなく歩くあの娘はささやく 何か僕にでも何もわからないよ 今なんて 僕に言ったの?今なんて 僕に言ったの? ふりかえったらさ 君は見てたよ ずっと昔の顔で甘い気持ちも 風も残して 僕を見つめてるそんなまなざしが 時を止めてくれる あの娘はつぶやく だれた街で さえわたったセリフ新しい気持ち つめたままで僕に投げてくれる また何か 僕に聞かせてまた何か 僕に教えて 君と見つけた 今
Let’s get 欲しいものなんて そんなにないよ 何にもないよサンドウィッチ 口につめこんで あなたが来るのを 僕は待っているよ 左のジャブ 胸に突き刺さる あなたの足音 近づいてくるたびにShining eyes 光ってるのさ ビー玉みたいな きれいな眼だよ 未来のことも 明日のこともそんなもん何にも わかりゃしないよねえ教えて今 あなたのこと 急いで 急いでよ ねぇだって今は 恋の予感
遠い夜空の向こうまで連れてってよあの娘の天使のとこまで 連れてってよ サヨナラ さめた時よあの娘が僕を呼んでいたから終わりさ もう終わりだよ今日からは 2人ぼっち やさしい天使が降りてきたらきっと あの娘は喜ぶさ なんて不思議な話だろうこんな世界のまん中で僕が頼りだなんてね あの娘は 僕に言うさ天使は 今来ますって本当さ ウソじゃないんだよ未来はねえ 明るいってあの娘の信じた確かな気持ちはきっと僕を変える
だ・か・ら誰かを捜そう 誰かを捜そう誰かを捜そう 誰かを捜そう恋多き年頃なんだよ難しい年頃なんだよだけど気の合う人はそんないないんだよ世の中はきびしいもんだよだ・か・ら誰かを捜そう 誰かを捜そう誰かを捜そう 誰かを捜そうインチキ野郎が多過ぎて街カドで つまづきそうだよだから気の合う場所を見つけた夜は朝までダラダラしてしまいそうだよ だけど乾いた風は 流れてこないんだよ僕の所には流れてこないんだよ だ・
夜の終わりに その頂上で腰をおろして弱りきった声で 話を聞かせて Ah-想い忘れたことがあったからみんなの哀しい御好意に疲れたから 君の一番疲れた顔が見たい誰にも会いたくない顔のそばにいたい それはただの気分さ それはただの想いさそれはただの気分さ それはただの想いさ
彼女の暮らしは今 始まってるずっとそばにいて 大きなソファーベッドにヨコになって いつもそばにいる幸せはある意味そんなもんで ある意味ひとりぼっちなものなんだよ 窓から夜のすきまを 見つめる あの娘はさぁとってもとっても 静かな部屋に 今ではひとりで住んでます 冷たい夜はさぁ 目の前かけぬけて 彼女の孤独をそっと ノックするんだ トトン トトン トトンあー元気ですか いくつもの季節が過ぎさって年をとってい
すばらしく NICE CHOICEな瞬間そっと運命に出会い 運命に笑うそんな時はいつでも 暑かったんだまるで溶けそうなトローントローンの天気だったよ 時には気分 時にはスマイル時にはロマンス 時には空時にはトリップ 時にはトラベルこの上から 魔物が落ちてくる 目的は何もしないでいることそっと背泳ぎを決めて 浮かんでいたいの行動はいつもそのためにおこすそっと運命に出会い 運命に笑う あーやられそうだよ なん
Oh Summer Sunset Past The View in The Slow DaysOrange Days, Orange Sky in
陽のあたった窓から見ていた君は幸せな顔してる とても楽しいよ退屈な午後には そんな想いがゆらゆらと揺れていて 救ってくれる 物語の流れは いつもそっと消えて振りむいた瞬間 何も見えないよ 何度でも見てたこの絵つかまえたい
気の合う人に また会いにゆけば心も晴れるし 心も閉じる 気の合う人に また会いにゆけば心も晴れるし 心も閉じる 喜びはいつも とっておこうね幸せは何気に 手に入れようねくたばる前にそっと 消えようねあきあきする前に 帰ろうね 喜びはいつも とっておこうね幸せは何気に 手に入れようねくたばる前にそっと 消えようねあきあきする前に 帰ろうね Oh Just ThingJust ThingJust ThingJust T
息を切らして 歩いてるあの娘の瞳がSUNNY BLUE朝日が眼にしみるんだでも ゆううつになんかならない SUNNY BLUE SUNNY BLUE 真夏が迎えに来たんだ寝ボケまなこの中何もわかってなかったこんなにそばにいるのにふりむけば今も10倍の愛しき人 悲しくなれるままに 光を浴び続けて悲しくなれるままに 夜にはいいことあるんだ夜にはいいことあるんだやさしい気分になるんだ心のドアを開くんだあの娘のドアを叩く
La La La もう いいよ 歩き出そうよゆっくり進む 秋の日差しをこの体で グッと 感じようぜい La La La いったい いくつの時を過ごして来たの60年70年80年前の感じ本当に確かだったのはいったい 何でしょうねえ時の流れは 本当もウソもつくから TU TU TU 歩き出そうよTU TU TU 歩き出そうよ こんなに 強い日差しは今もふりそそぐ この景色の中をずっと 2人でまわろうぜこの景色の中をずっとこの景色の
楽しかった時が終わって 気づいてみたら さみしい人だった寄り添う扉も 頼りにならないで 裏切ったような気分だった なぐさめもなく やさしさもなく そっと過ぎてく季節をはしゃがないで見守ってた あの人に驚きと感謝を込めて歌うだけだった そう全部 正しくもない ウソつきじゃないよ そう全部指切りしない 近道しないよ そう全部 夏休みが終わったみたいな顔した僕を ただただ君は見てた 人影もなく あこがれもなく 
マンションの隅のドアの前君と話をする学生気分も抜けて 髪も伸びたね2人で歩いてた夜は また少し変わったようさ笑いの主人公たちも 急ぎ足で逃げてく アーこの国の気分は変わりすぎて疲れるぜ2人のメロディー隠したまま胸の奥で鳴っている さんざん無理して手に入れたこの歌は世界の果てが見えても止まりはしないさ 勇気のカケラも見せずに死ぬのはだれですか 大きな声も出さずに死ぬのはだれですか 勇気のカケラも見せずに
君は悲しい顔で 何を見ていたの君は悲しい顔で 何を見ていたの何をそんなに困った顔で遠くを見てたの 君は変わった人さ 僕は知ってるよ君は変わった人さ 僕は知ってるよ何もそんなに困ることないよそんなのやめなよ 君はなんとかやれるよ君はなんとかやれるよちょっぴり曲がった君はとってもね 素敵だよ… だれもが素直さを愛するだれもがやさしさを信じるわけじゃない 君は悲しい顔で 何を考えたの君は悲しい顔で 何を考えたの