祈りのヴィオレット – ファンタズム:FES(榊原ゆい)

この身捧げば 戒めの宴 渦巻く旋律 語り伝える儀式
血の滲む夜 薄明かりの下(もと)幻影を求めて 彷徨う叫び声

揺らめく炎は脳裏に燃えて 魂を呼び覚ます場所へ…
この世に生まれた意味さえ知らずに 旅人は闇夜の果てを知る

嘆きの河を渡り行くとき 紫に凍りつく風景も
たとえ望みを失いかけてもいい 祈りは確かなものを掴んで
裁きを受けた信者の叫び 抗う者達の集いは闇
深く突き刺す杭の痛みと共に 懺悔はいつしか神話となりて
偽りの罠 黒い影は消え 滅び散る終焉のとき

祈り届けば 紫輝く 憂いの旋律 歌い続ける運命(さだめ)
引き千切られた 感情の鎖 永久(とこしえ)に続く 痛みの呻き声

あふれる使命は蝕まれゆく 魂を呼び起こす瞑想…
誰もが抱いた意志さえ消してく 旅人は世界の果てを知る

視線を浴びて進み行く先 腐敗した焼け野原が広がる
遥か彼方へ心を映し出せば 記憶は確かなものを創って
望みを失くす信者の叫び 抗う者達の集いは闇
強い眩暈と胸の痛みは今も 幼い子の目も神話となりて
再生のミサ 黒い影を消す 忍び寄る消滅のとき

心で強く願う 違う自分の世界を知る
この胸に抱く 純粋なる邪心 人々が嘆いてる 祈りのヴィオレット

嘆きの河を渡り行くとき 紫に凍りつく風景も
たとえ望みを失いかけてもいい 祈りは確かなものを掴んで
裁きを受けた信者の叫び 抗う者達の集いは闇
深く突き刺す杭の痛みと共に 懺悔はいつしか神話となりて
偽りの罠 黒い影は消え 滅び散る終焉のとき