真赤な薔薇は あいつの唇やさしく抱きしめて くれとねだる瞳の奥に 獲物を映して淋しく問いかける愛の在りか男には 自分の世界がある たとえるなら空をかける ひとすじの流れ星孤独な笑みを 夕陽にさらして背中で泣いてる 男の美学真珠の色は あいつのまなざし遙かな幸せを 夢に描くいためることを 恐れるあまりに冷たく突き放す 愛もあるさ男には 自分の世界がある たとえるなら風をはらい 荒くるう稲光都会の闇に