ヨヅリナ — ピノキオピー

午前0時に待ち合わせ
爆弾の散らかった世界で
君のこと想っていた ずっと
遠い距離の勘違い?

「あの番組、面白いね」「わかる」
「話題の漫画もう読んだ?」「あれね」
「この新曲聴いた?」「あんま好きじゃない」
画面越しにじゃれあって 笑う二人

tu ru tu tu tu ru tu tu…

漠然としたセリフ
釈然としない空気

めんどくさいや いや 言えないや
「大好き」が膨らんで <ヨヅリナのウミ>
痛い目 辛いね キモいね
一緒にいたいね <なんで?> もう何度目
遊びでも 優しいふりでも
そこにいる君が <ねえ> 本当の君じゃなくても
また夜は明ける

深夜2時 声潜めて
不健康で終わってる日々
いっせーのせで同時再生
今日も時間を忘れ 宇宙ではしゃぐ二人

tu ru tu tu tu ru tu tu…

共感性のロジック
溶けていったキャンディ

胡散くさいや いや 知らないや
「大好き」に毒されて <ヨヅリナのウミ>
酸っぱいも 甘いも わかんねえ
会いに行きたいね <なんで?> もう何度目
悪魔でも 思わせぶりでも
そこにいる君が <ねえ> 運命の人じゃなくても
また期待してる

めんどくさいや いや 言えないや
「大好き」が膨らんで <ヨヅリナのウミ>
痛い目 辛いね キモいね
一緒にいたいね <なんで?> もう何度目
君が囁く 甘い声も
闇を泳ぐ 二人の思い出が全部 嘘でもさ
泡沫の夢さ きっと
しょせん 魚でも また夜は明ける

tu ru tu tu tu ru tu tu…