みつめあえば ハートに流れる不思議な Melody二人にしか みえない扉を開けば Fantasy 愛が上手く 喋れなくてピアノを弾いたのさ君の髪が 蒼い月の雫に光るまで夢を投げ入れ(piease smile for me)測っておくれ(love more than you)愛の深さを… そっとふれた 唇奏でる静かな
見知らぬ街の通り雨 あの日の君は濡れたヒールを 気にしてた幼さかくした横顔 いつか交わした言葉を 今も 思い出せる はじめからシネマ 感じさせて君が囁く 静かなラストシーン 抱えた裸のつま先 今日は小さく揺らして ぼんやり 見てたけど少しだけ悲しい女を 演じたいなら幕合に いかが?僕のlove song for you はじめからシネマ 感じさせて君が囁く 静かなラストシーン 黄昏待つだけの 午後の浜辺で
思ったより 君は クールに一人が好きと 口を つぐんだ無理はしないで キャンドルの火も寄り添うような 夜に WOW… 見つめて 全てを今までついた嘘 吹き消してごらんよWOW… BEGIN THE NIGHT,BEGIN YOUR
夜明けのガードレールに二人腰掛けビルから憂鬱そうに昇る朝陽 見る 出逢ったダンスホールやキスした路地を今まで探したのさ愛の落とし場所 なぜ… 今… 君… 風…瞳と… 瞳で… ただ… サヨナラなぜ… 今… 僕… 雨…ふと… 胸… 夢… 濡れて光る 鋪道の向こう側で恋人達が昔の二人まねて
真夏の瞳 眩しすぎるほど濡れた白いシャツ 心は見えない何時も強がりな 君が ぼんやりと海を見てるから 頬づえもつけない 友達のままで 季節(とき)が過ぎてゆくジリジリしながら……… 君は a Piece of Loveパズルのかけら 心に 隠してるいつまでも 始まらない ラブソングが 唄えないa Piece of Love 寂しがりやで 素直にもなれなくて擦れ違い 傷ついて 強がるほど 愛しくて 泣いてる 気がつけ
螺旋階段 天国行きのバスに揺られてる七色の吐息の君 うたた寝してる たいくつなクロコダイルとお別れをしたら忘れたいことはすべて時計に預けて 君が好きなんだ パラダイスへ行こう ときめきをジャンプさせて君を悩ませるものみんなやっつけて 一人ぼっちで泣いていただろうでも もう僕がそばで君のこと見つめてる 螺旋階段 天国行きのバスに揺られてる七色の吐息の君 うたた寝してる 宝石箱の中 描く君の夢を詰めてハミングで一
ジャングルジムで 約束して別れた夏草の上 走りまわって初めて泳げた日 夕焼け空を見て住みなれてる町も 愛した 車の中で ずっと手をつないでた泣きだす前に 抱きしめたのさ恋人と二人で 行くあてのない朝海の近い町へ 来ていた 誰もが見てた 昔から 同じ夢強く引きあう力 信じて未来は霧の中 君が何処にいても僕は目を閉じれば わかるさ 出会った頃 見つけた 落書きと 愛の唄遠まわりしながらも 僕達は 歩いてる 出
新しい瞳をしてた 音楽を聴いていた夜の迷路で はぐれそうな君だった マシュマロの口元に はじめての春だった約束より 深く見つめ合っていた 複雑な瞳をしてた 3度目の夏だった哀しむより 君の願いをかなえた もっと かるはずみに愛してたらもっと 簡単に忘れたのに 君が僕の胸に まだいるよとても はっきりと見えてるよ 君の瞳を見つめたい君のマシュマロと重なりたい 君が僕の胸に まだいるよ君が僕の胸に 住んでるよ
伸びる ストライド 誰も かなわないどれくらい 走ってるんだろう熱い アスファルト 足に はりついてスローモーション やけに重いね 夢の距離だけ僕は 走りつづけて行くんだろう 機械の リズムで 喉が 鳴りだした口元に 言葉はもうない 横目で 流す街 見なれない パズルいつか見た セザンヌのようだね 夢の距離だけ僕は 走りつづけて行くんだろう 伸びる ストライド 誰も かなわない走る ひたすらに 海のラクダだ
青空 浮雲 12月坂道 転げた 飛行船僕には まだわからない 寂しいたどりついた夜に いつもの月が揺れた 泣き顔 嘘だろう 12月強がり はじけた 踏切で君しか見えていないんだ 哀しい迷い込んだ夜に 抜け出せなくいるよ 行かないで 憂鬱なバウンドで 蒼い月が弾む窓辺の僕はただ ゆっくりと目を伏せる 君との想い出が さけび声上げてジュラ紀の恐竜のようにひとつづつ消えていくよ 憂鬱なバウンドで 蒼い月が弾む窓
君へとハンドルが連れてゆくよ海岸 人魚達と つまり別れて 忘れてしまえない恋人がいるところで 僕は何を言えばいいの? 君に…… きれいだ オレンジの空を眺めた置き去りのサンダルが僕と遊ぶ 逢いたくてたまらない恋人がいるアクセルを踏みこむのに 何回ブレーキを掛けた 受話器を置いた後 僕は急ぐ公園のブランコに揺れて君が ……それから
星屑きらめく 街は Strawberry fieldビルに路地に 心に 夢が降り積もる だから 月夜にダンス!小さなキスで 隠れてる 君を探すよ月夜にダンス! もう泣かないで悲しみの彼方へDANCE! 涙を乾かす 嘘をつくより影を千切る ステップ 教えてあげよう だから 月夜にダンス!信じてごらん わがままな 君は素敵さ月夜にダンス! もっと自由に真夜中を抱きしめDANCE! 置きざりにされた 自転車の様に錆
気まぐれ 見つめて そして離れてくアドバルーン 飛ばした 空を叩くいつもは 背中で すれ違ってきた YURA YURA 揺れる心漂う 風まかせさ ふるえる 指先 朝のテーブルに悲しみ かくした カーブを描く二人を結んだ 糸がほどけてく YURA YURA 揺れる想いさよなら 言えないまま 途切れがちな 教会の鐘がすみれ色に広がった 街に君を連れて 消えた 気まぐれ 見つめて そして離れてくアドバルーン 飛ばした
Shout Shout Shout Shoutきっとぼくらは真夏のペンギンShout Shout Shout Shout涙なんかじゃ もう まにあわない Break Down 知りすぎてるFictionと 孤独の摩天楼長いKissも 燃えかたを忘れて傷つくほど誰かをまだ 抱きしめてないそれが悪いと 声が聴こえる黙ってちゃ Tonight お・し・ま・い Shout Shout Shout Shoutきっとぼくらは真夏のペンギ
バラバラの足どりで 僕等何とかやってきたけどもう一度モノクロでお互いどこにも手をつなぐ場所さえ探そうとしなかった 頑張れペリカン 沈み込んでも はばたいてやれ風色ペリカン 水浴びをして クタクタのシャツはもう脱いで過ぎたことだろう さあ始めよう 頑張れペリカン 冴えない夜におびえてないで風色ペリカン 水浴びをして 頑張れペリカン 花のない部屋で 震えてないで虹色ペリカン 闇を抜けて行こう さあ始めよう 頑張