幸せを奪い合って ふり向かず走ってきたそんな生き方が踏みつけた たくさんの心私の中のあの子が 夕映(ゆうば)えの過去に立ってる口に出せないあのひと言 涙ぐみ噛みしめてごめんね ごめんね 傷つけた痛みを明日(あす)の朝は忘れて 人はみな歩いてくごめんね ごめんね誰の人生にも言いそびれ捨ててきた あやまちのかけらが落ちてるうつむく母の涙に 背を向けた友に 恋にもらったままで別れてきた やさしさに まご