19歳の夏 – ヒロネちゃん

ゆっくりめのサウンドが
ぼくの孤独を冷やかした
終わっちゃった終わっちゃったんだ
眠れない午前二時

大袈裟なサイレンが
ぼくの鼓動を脅かした
変わっちゃった変わっちゃったんだ
忘れない きみの声

くだびれたしあわせを背負って
大人になってゆく
肝心なことは忘れてしまったんだ
もう

夏の匂いに流されて
ブルーライトに照らされて
目に見えない暗い暗い闇に潰されても
ひかりを探してた19歳の夏

考えてもわからなくて
なにもかも嫌になるな
困っちゃうな困らせちゃうな
ことばにできなくて

古びれたしあわせをかばって
汚くなってゆく
肝心なことは忘れてしまったんだ
もう

夏の匂いに流されて
ブルーライトに照らされて
意味のない悲しみをぶらさげながら
理由を探してた19歳の夏

夏の匂いに流されて
ブルーライトに照らされて
目に見えない暗い暗い闇に潰されても
ひかりを探してた19歳の夏