いちばん大好きなキミとなら全てがカラフル立ち止まるなんてね バカみたい水平線の先 超えて 一緒だよね わたしたちは全然別のかたちでもきっと心 同じ色で光るはずだよ ちょっと嫌なすれ違いは曖昧なことわからずににらみ合って似合わなくて 笑えてきた そうさ 嵐で迷っても怖くない行くんだよ 思うままわたしたちが選ぶ海へ 見えたね 合図で手をつなごう連れてくよみんなねぇ明日はどうだろ?風の向こう きらきらの波 いちば