縁 – ヒグチアイ

自由気ままで 自分勝手で
わたしを置いてくあなたが
歩幅合わせて歩くようになった
それが寂しい

素直になれないわたしたちは
諦めることを覚えた
このまま向かい合わずに
隣で同じ景色見ようよ

あなたがいたから
わたしがいるのよ
わたしがいたから
あなたがいるのよ
それだけは混じりっけない
事実 事実だから

年重ねれば 丸くもなるさ
それもしあわせの形ね
だから削りカスを集めてまた
棘を作っていく

雲が翳って雷が
落ちるまでがあなたでしょう
優しくなんかならないで
隣で憎ませてほしいよ

あなたといたくても
わたしは変わらない
わたしといたくても
あなたは変われない
あなたといたいから
わたしは離れた
いつまでも背中ごしの景色
見ていたいよ

あなたがいたから
わたしがいるのよ
わたしがいたから
あなたがいるのよ
それだけは混じりっけない
事実 事実だから