Waterfront – パノラマパナマタウン

ここは水際
住み着いてしまったいつしか
飲み干したまんまのウイスキー
脱ぎ捨てた服 生活の息吹

飛沫上げた埠頭が見える四角い窓
はるか向こう 昔の居場所
アルバムの隅 厳つい顔
水平線 火がついたよ

いつも通りの日々は続くけど
水みたいに全てすり抜けてく
海の青さに負けないくらい
迸る命の煌めきよ

兆しはなく 嵐は来る
意外な策 ピタリとハマる
いつからかコンパスは北を指さない
あの日の言葉 今も儚い

しなかった後悔 ツバつけ
手柄のように大事に抱えてる
散らばった航海図集め
そこに自分を見つけ出す

いつも通りの日々は続くけど
水みたいに時は流れていく
風の唸りに負けないくらい
迸る命のざわめきよ

傷つかずに生きていくということは
傷つかない痛みを背負うことさ
砂漠に沈む ブリキみたいに
いつまでもただ夜明けを待っていた

物語はあっけなく
結末へと流れ出す
だからここでためらう
気持ち捨て曝けだす

「何もわかっちゃねえ」とか言いながら
雑魚敵ばっか倒してるプレイヤー
あの計画 人の迷惑
できない理由 ひたすらにレイヤード

酒のつまみに話したこと
誰もが無理だと笑ったこと
片っ端から形にする
そういうやつが歴史を作る

さらば怠情な毎晩
見よう見まねでも今にわかるさ
忘れちまった宝のありか
呆れるほどに大胆でも
見えるやつには船が見えるさ

いつも通りの日々は続くけど
水みたいに全てすり抜けてく
時の流れに逆らうほどに
迸る命の煌めきよ

星の隙間が刻み出すリズム
明日へと向かう 白熱のリズム
このまま終わる はずはないだろう?
気がつけばほら海辺に立っている