つむぎ – パスピエ

尖ったまんまで傷つけたり
丸くなって転げ落ちたり
時々ふいに遠ざかり
また歩み寄っては手を取り

退屈知らないあなたは
笑顔だった

喜びをあとどれくらい
悲しみをあとどれくらい
寂しさを分け合えたら
変わるのか わかるのか
幸せの意味と量り売りした命が
咲かせる色を見ていたくて

花散らす風になったり
足下照らす光であり
歩調がコントロールされてたり
口実にして遠回り

忙しいねと言うあなたが
綺麗だった

折れ曲がった夢を見てる
さめなかった夢を見てる
目を開けても消えなくて
その中で出会ったのは形のないもの
受け取った分は返すよ
想像じゃなくなる日までに

煙たい街を抜けてひと息
ざらついた舌の根潤して
夕焼けが焦がし続けた
それは憧れと恋にも似た

声は咲くか 今日は小降りだった
声が咲けば ぶつかり笑った
言葉の中 しじまの中
綱渡り手を伸ばし探して見つけた

喜びをあとどれくらい
悲しみをあとどれくらい
寂しさを分け合えたら
変わるのか わかるのか
幸せの意味は
目を開けても消えなくて
出会ってきた形のないもの
量り売りした命が
咲かせる色を見ていさせて