ila. – バロック

僕等は古びた時計、晴ればれた星は奏で。
泪々と互い背中合わせて、各々の家路へと向かって。
俯けば其処は雨で、仰向けば其処は明日で。
散々とすれ違い離れた、振り向くな、賽は投げられた。

一つだけ、何れ幸ねぇ四季を、一人願う再来の幸を。
只、時間は水々流れた日々は過去になる為のもんさ。
一つだけ、何れ幸ある四季を、一人讃え労いの言葉を。
さぁゆこう 重ねて重ねた廃れきった一人きりの幸せの唄

la…疲れた真心がちょっとだけ安まる様に
la…跡切れた二人の距離ちょっとだけ縮まる様に

此処に在る。
何処にでもあるよ。
今を生き
日々積もる幸せ。

日々讃美舞う、只自然に。
皆で奏でる。木々を奏でる。
日々賛否問う、只自然に。
風に委ね。音を奏で。

la…夢みた真心がちょっとだけ安らげる様に
la…限られた二人の時間ちょっとだけ和らぐ様に

それでも行き詰まったら 明日を見よう
小さき強さあれ

まだねぇ未来と明日にある時代を。ほら坦々と進め 揺らげ
まだねぇ時代と新たなる未来を。只、坦々と目指せ

注意:一部楽曲におきまして、制作者の演出により
意図的に歌詞の文字表記を実際の歌唱と相違させております。