新米美容師の彼女 – バックドロップシンデレラ

春風が吹いた 日差しが差し込む部屋の中で
鏡の中の2人 君の髪 僕より短いね

制服を脱ぎすて
空に浮かべた青写真
僕ら世界に羽を広げたばかり

故郷の思い出は 持て余すほど 君とならさ
のみこまれそうな街で 寄り添うように息をしていた

どうして君の目は 昔より輝いて見えるの
新しいハサミだけは まだ手に馴染んではいないみたいね

鏡の中 僕は
君に髪を切られている最中
昔話の隙間
君に届く言葉 探してる

新米美容師の彼女の知んないとこで
僕は恋をしていた
あの日 今のこんな自分は
君を繋ぎとめられないこと
心ではそうわかってた

前に前に急いで
今に今にみといて
値踏みした夢 毎日追いかけ
君を見失っていても

新米美容師の彼女の鏡の中に
2人が今もいるなら
きっと君の髪は長いし
ヒゲが濃くなりだした僕とで
夜に消えるかも

新米美容師の彼女も知んないうちに
また春風は吹いて
あのデタラメだった日々も
君がいたこの部屋の隅々も
思い出みたいなのになるのです

コメントを残す