弱毒 – バックドロップシンデレラ

薄ら寒い暗がり
知らず知らずにうちに
すすけたビルの地下の隙間に
まぎれこんだ夕日に

耳をすませつぶさに
想い描けまぶたに
フザけた歌詞の奥を読むように
裏側の世界に

アナタ相当悪い人ね
いろいろしてるんでしょう
したたかな笑いを浮かべながら
お互い様だのどうのこうの

幽霊船のように彷徨い浮かぶ
水辺に咲く 宴は続く
薄あかり君は朝までその体たらく
毒がまわる
たまらない夜がある

如何ともしがたい現状により
新参の大臣のお達しの通り
怪訝な顔 日和見模様
思い通りもやれないさ

皆一様に割食らってる
否 食らわせるため武器磨いてる
してやったりとお調子者が
まだ騒ぎ足りないと

享楽的な夜に
浮かれる首をしめつけるには
真綿で追いこむ習わし

灯を消す 月が照らす
誰も答えなど持たずに踊る
月あかり君は誰よりも美しく
手招きする
何かに取り憑かれている

耳をすませつぶさに

アナタきっと悪い人ね
脳が焼きただれてるんでしょう

幽霊船のように彷徨い浮かぶ
水辺に咲く 宴は続く
薄あかり君は朝までその体たらく
毒がまわる
たまらない夜がある

灯を消す 月が照らす
誰も答えなど持たずに踊る
月あかり君は誰よりも美しく
手招きする
何かに取り憑かれている

毒がまわる
たまらない夜がある