QUATTRO YOUTH – ハルカミライ

俺楽器なんか特に弾けないんだけどさ
心配性なあいつとは6年も経った
どっか抜けてて優し過ぎるあいつと
生意気で2個下のあいつとつるんでる

少し遅れた京王線の下りで
俺の肩にもたれかかってきたティーンエイジャー
一瞬顔を歪ませる俺だったけど
音漏れがあの曲で許してやった

忘れてたあの時の
初めての衝動
寝てたの俺の方だったんかもな

溢れてしまいそうな
体中のざわめきを震え放つ声が
全てハジけさせた
ドアの無いこの
コンクリートの壁を今 叫び放つ歌が
叩き壊した

こっそり大口開けて指を指す
猿たちの群れがこっちを見ている
あんまりうだうだ言ってるその口に
綿菓子詰め込んで窒息させてやる

隠してる中指じゃ
何にも切り裂けはしない
すり傷の両腕で引き裂く

溢れてしまいそうな
体中のざわめきを震え放つ声が
全てハジけさせた
ドアの無いこの
コンクリートの壁を今 叫び放つ歌が
叩き壊した

寂しくないのさ
悲しみも何処かへ行ったね
君の放つ歌が雨をあげるのさ
ここに来ると開く永遠の花

コメントを残す