光インザファミリー – ハルカミライ

宝物は箱に仕舞ってた
本棚は漫画で埋まってた
FMは雑音混じってた
下手くそなギターを弾いた

陽当たりはイマイチだった
風通しの気持ち良い部屋だった
大声で歌を歌ってた
ベランダに干した服たちが踊った

yeah yeah yeah ah
yeah yeah yeah ah

ユニフォームや制服はいつも
兄貴からのお下がりだった
嫌だなんて言ったことなかった
クタクタが良かったりした

気付いてたサンタの秘密にも
悪ぶった15の気持ちにも
爺ちゃんのいる写真の中も
全部がそう

光インザファミリー ラララ
東京は狂ってるらしい ラララ
だけど心配ないぜ ラララ
そこに優しい人も だからここを出るよ
別れだけじゃないと思うんだ

yeah yeah yeah ah
yeah ah

自分らしくは罠が多いから
考えないことに決めたんだ
3秒で選んでく方が
歩いてて楽しいもんな

熱い日には燃え尽きるまで
雨の日には流されてしまえ
それがいいんだ
らしいよりも自分次第さ

嬉しかったことは ラララ
数え切れないから ラララ
数えたりしないぜ ラララ
幾年過ぎた後も匂いが音が君が
思い出にキラリ

光インザファミリー ラララ
東京は狂ってるらしい ラララ
だけど心配ないぜ ラララ
そこに優しい人も だからここを出るよ
別れだけじゃないと思うんだ
始まりが始まりそうだ

コメントを残す