みどり – ハルカミライ

去年よりも少し暖かい朝だ
そんな気がしているのは新しい生活のせいかな
午前7時ちょっと前 寝起きの顔の君はボーッとしている

あぁバタバタしたねここ2週間くらいは
やることは多いくせに実感は少しもない
ただドキドキのほうが上回っていたから
忙しいことも気付かなかったな

あんたならきっと大丈夫よって
私の娘だからきっと平気だよって
そうだね どうにかなるって
生きてきた私だからきっと大丈夫なんだろうな

あぁまだまだ先のことは分からないけど
きっと息詰まってしまうこともあるから
うん、時々振り返ってもいいかな?
年を重ねても今を思い出したいから

お前のことなら心配していないさ
口には出さないけど自慢の息子だから
いつだって僕は強がってきたから
大丈夫だろって また強がってみるよ

もちろん迷惑は多くかける
だからひとつルールを決めておこう
ありがとうとか ごめんねとか
それだけは絶対に忘れないでいよう

僕にとっての 私にとっての
想いや場所や記憶は2人分になるのさ
いつだってここで待っているんだよ
この先も2人の帰る場所があるから

何気ない時も思い出のひとつだよ
溢れないように心にしまっておこう
最後に一つ聞いておきたいことは
君は今世界で一番に幸せですか?

去年よりも少し暖かい午後2時だ
そんな気がしているのは
君が泣きながら 笑いながら
頷いているせいかな