RAINY – ハルカトミユキ

夕立の匂いがして 街は騒がしくなって
私は一人になってしまった
貸したままの本と 借りたままの傘が
帰る場所なくした

家路を急ぐ人 うるさい雨音
前髪がうねるのをこんな時さえ気にしてる
夕焼けの歩道が綺麗だったことを
話す人がもういないんだな

歩き出した私の歩幅も 流れてるメロディーも
すべてがあなたに繋がっていたよ
ふと見上げたこの空は 何色と呼ぶのかな
明日になったら私の心も晴れるかな

二人過ごした日々はグラデーションになって
元には戻らないものだったよ
ミルクとコーヒーが綺麗に混ざり合ったら
戻れないみたいにさ

生乾きのシャツの匂いが取れずに
私がいない日々に少しは困ってね

傘を忘れて戸惑ったり向かい風に迷ってる
あなたの姿が目に浮かぶから
ねえ私たちの未来を守れなくてごめんね
あなたに降ってる雨が上がるように

飽きるほど見てた横顔 知り尽くした気でいた背中
まだ話し足りないことばかりが溢れてくるの
何年、何十年も先の日の二人が
今もまだ笑いかけてくるよ

退屈に思えたありふれた日々に
ただあなたがいればそれでよかったよ

寄り道して買った花束も 好きになった映画も
すべてがあなたに繋がっていたよ
ふと見上げたこの空は 何色と呼ぶのかな
季節が過ぎたら忘れてしまっても

ねえ今日みたいな雨の日は私を思い出して
そんなこと言わないから また新しい暮らしの中
いつかきっとあなたの願いが叶うように
晴れるように