荒涼 – ハイ・ファイ・セット

鉄道沿いの 海岸線に
よせくる流氷 光のいかだ
風が泣いてる 入れておくれと
古びた列車の 窓の隙間で

いくどこの景色に
会いに来たでしょうか
何も思わず
たたずんでみたくて

春の便りは その名ばかりで
薄ずみ色した さい果ての海
私の捨てた 哀しい恋よ
遠くへ遠くへ 流れていって

遙かなロシアのしんきろうへと