ホコリだらけの車に指で書いたTrue love, my true love本当に愛していたんだとあなたは気にもとめずに走りだしたTrue love, my true love誰かが待ってたから 冷たくされて いつかはみかえすつもりだったそれからどんな人にも心をゆるせず今日わかった また会う日が生きがいの 悲しい Destiny 緑のクウペが停まる 雲を映しSure love, my true love昔より遊んでるみたいみが
ねェ今でも時どき あなたの夢を見るわでもそのとなりは 私の知らないひと いつもからかわれてた すねた顔するたびまたあなたのことを 思い出すの 私まだあなたが好きよ 今だから言えるのね涙の夜も 遠い思い出 忘れないわ ときめいて追いかける私の何もかも変えていった あの夏の出来事 あなたのことはじめて 近くに感じたのは二人が似ているって あなたが言った時 今でも私あなたに 似てると思わないそれでもその時は 嬉し
燃える 秋揺れる 愛のこころひとは 出逢いともに 生きてゆく 燃える 秋消える 愛の蜃気楼(ミラージュ)ひとは 別れ遠い 旅に出る Oh, Glowing Autumnand Glowing LoveOh, Glowing LoveIn my Heart, La La Lu……Glowing Love
銀河の果てにまたたく名もない星が おまえのふるさとそばにいるのにどうしてか遠く感じる 不思議なやつさ 願いごとも なくなる程流れ星が とびかう空へいつか帰ろう 二人で まぶたとじれば その昔生まれる前の世界が見えるよおまえはいつでも出来たのさ時間の船をあやつることさえ 何光年 旅したならおまえの住む国へ行けるのいつか帰ろう 二人で 銀河の果てにまたたく名もない星が おまえのふるさとそばにいるのにどうしてか
帽子のつばのかげ ひかったなみだを追いこすトラック野郎 気づいただろうか枯れ木のてっぺんが指さす満月お前も うかばれないと笑ったみたい 歩きつづけて着くところは夢に見たメキシコ何ひとつないことはわかっているのに 明日の朝がくりゃぬけるようなブルースカイかわいた風に吹かれてそれで もういいさ 歩きつづけて着くところは夢に見たメキシコ何ひとつないことはわかっているのに コインを空に投げ 表が出たならこのまま 
傷ついた遠い日の 想い出あなたに打ちあけたテーブルに並べたの 恋した数だけマッチ棒 電話が鳴っても すぐには行かないで勇気のあとには 淋しさ残るから 部屋の中暗くして 消えゆく街の灯見ていたらいくつにもにじむから 夜風に乾かしたくなった 港の坂道 二人で腕を組み散歩に行きましょう 星降る真夜中へ 電話が鳴っても すぐには行かないで勇気のあとには 淋しさ残るから
サンタフェ駅をあとにアリゾナ目ざして走れ神が大地をけずった百万年の昔へ ほらいつか夢で見た小さな町に着く 強い太陽に焼かれかげろうゆれてる谷をラバの背中にまたがり日没までに降りよう もし巨人になれたらすぐ跳びこせるけど しかたないさのんびり行こうおいてきぼりにしたPu Pu Puff Puff Train バーボンと夢を背負って僕は金の河の王様ひとり見送るのさChu Chu Chug Chug Train 人間なんてちりみた
今でも時々 あなたの夢を見るピアノ弾きながら歌う顔やけんかしてた パーティーおくってくれた タクシードアに はさまってた あのドレス Be back to loversBe back to lovers時計をもどしてもう一度 幸せな 恋人に戻りたいの 踊っている時 聞こえていたクラリネットずっと胸の中で 鳴っていたわ少し酔ったあと ぬけ出したテラスで私達の星座 探したの Be back to dreamersBe back
ひときれのリンゴのような月の夜に愛されてひときれのリンゴのように時がたって色が変わる 忘れようと思うから忘れられるはずがない着がえるように その日を捨てられたら煙草のにおいと 地球儀といじめられた ぬいぐるみパスポートの あなたの顔 眼鏡をはずしたら子供っぽい眼をしてた私よりいつも少し暖かい手 好きだった 忘れようと思うから忘れられるはずがない終わった日から 育つことに気づいたつくりかけの プラモデルと
地下鉄のドアがあき 押し出されて一人歩き 街の灯を 集めている背の高いマンションの 窓越しに見えてる夜のぼやけた 輪郭そして カカトを踏んだスニーカープカプカのパジャマがおきざりのままで 眠れる時は 楽しかったことを考えるんだと あなた いつも言ってた夏の陽がもれていた 穴のあいた麦わら落書きだらけの カレンダーそして 笑いころげた午後と早起きの散歩道おきざりのままで 人ゴミの中もまれて ふいにバッグ
二人だけのParty クリスマスとあなたのBirthday Partyゆれる銀のモール まるで空中ブランコ「恋におちたみたい」眉間のしわはもうロバート・デニーロ無理にくわえ煙草 名前を呼びすてにした 大真面目な顔にかわって 告白する前にヒゲについたそのクリームをすぐふくべきよ ばかばかしいわ誕生日だけ神さまと同じってかってなバイブル 持ち出してきめつけないで 「君はぼくのものさ」ビールの泡 ほら吹きだして
不親切なタンゴ 無表情なマンボ残酷なほど わがままなDanceたとえ一人でも なぐさめないでねそれより私 きれいと言って死にたいほど 愛されたの他の誰より強くあの人から すれちがいのルンバ 移り気なジルバ明日のことなど どうでもいいの悲しい時には 涙を流すのおかしい時は 笑うのようばったから うばわれるのダンスホールはつかの間のランデブー 羽根のとれたバタフライ胸をピンでとめてねぇ もう もう一度奴隷
女友達と 今パリに来てるのいつかあなたと訪れた国思い出の秋 私より若い ハネムーンの花嫁馴れた口調のツアーの添乗員(ガイド)なじめないの 元気でいるの?不規則だけど ちゃんと食べているの?ポストカードは エトワールの夜景最後の一行が うまくうかばずに瞳閉じた ホテルを抜け出し ひとり歩く朝何も尋(き)かない友達はほら優しすぎる マロニエ並木に クレーン車が並んでツリーの準備追われる遅い11月 少女みたいには
ゴールイン間近と同僚(ともだち)にうらやまれてた恋おかしいくらいにあっけなくこわれたのよケンカするほど仲がいいとひやかされてた日々思いこませたみんな 今夜つきあってよ プラトニックしましょそう次の恋は赤い糸だなんてホロスコープも血液型も もう信じない 25ans(ヴァンサンカン)を過ぎているわ四捨五入しないでafter 5(アフターファイブ)の憂鬱なんて空しいだけ プラトニックしましょしがらみはいやよたわ
さよならを言った 校庭でそっとひろったの 桜の花びらずっと大事に しまっていたのあなたを忘れないように Bring back あの頃にもう一度Bring back 戻れるなら 謝まりたい苦しめたことを くじけそうな時 優しい目で臆病な私 叱ってくれたあなたがいてくれたから陽ざしの中を 歩けたの Bring back 迷っていた二人にBring back 夢見た日々は美しいと教えてあげたい 今は遠い それぞれの道卒
それはこの星の物語銀河を越えて光る船が生命(いのち)を連れてきたたぶんあなたは信じないのきっと二人は夜を飾る神話の子孫たち 恋は神秘愛は無限過去と未来はどこかでつながるもっともっと見つめあえば謎は解けてく甘い Telepathy それはかくされたメッセージ夢を忘れた人へ届くミステリーサークルたぶんあなたは笑うだけねけれど科学じゃ心さえもコントロールできない 恋は魔法愛は奇跡時間(とき)の彼方で願いはかな
Monday ラッシュに押されSubway また始まる One week見上げた車内広告は 夏の旅行特集 Everyday 選んだ道はAnyway 危なげなくてこのまま 普通になってく私 少し嫌い アロハシャツ着て 車をとばして 朝まで騒いでた彼も こんな電車で今頃 ため息ついてる One day 夢を夢見てOne day 恋に恋したあの日の みんなの笑顔も 忘れそうで つらい アロハシャツ着て 車をとばして 
こぼれそうな解禁日のワイン踊りながら飲み明かした Winter night過ぎ去りし80’s あの夜の曲そうよ私 ずっと忘れないわ確かあれは二度目の大ゲンカ仲直りに誘われたの Party nightめくるめく80’s いろんな事件(こと)がありすぎたね 二人のラヴ・ストーリーShall we dance again?あの日みたいに今夜 踊りましょう三度目の仲直り もしもあの時 あのまま意地
あなたを思い出す この店に来るたび坂を上って 今日もひとり来てしまった山手のドルフィンは 静かなレストラン晴れた午後には 遠く三浦岬も見える ソーダ水の中を 貨物船がとおる小さなアワも 恋のように消えていった あのとき目の前で 思い切り泣けたら今頃二人 ここで海を見ていたはず窓にほほをよせて カモメを追いかけるそんなあなたが 今も見えるテーブルごしに 紙ナプキンには インクがにじむから忘れないでって や
午後の浜辺に身を横たえていつしかきみと二人まどろむ閉じた目の中で戯れる陽ざしときみと八月が ほてった体 風が包むとひどくせつない気分になるよ砂に埋もれて Je m’ennuie何も見えない 眩しくて 夏がくれた一枚の絵を二つの胸のおくにしまおういつの日にか遠い秘めごとふと とり出してなつかしむのさ 午後の浜辺に身を横たえていつしかきみと二人まどろむ閉じた目の中で戯れる陽ざしときみと八月が 白い日
鉄道沿いの 海岸線によせくる流氷 光のいかだ風が泣いてる 入れておくれと古びた列車の 窓の隙間で いくどこの景色に会いに来たでしょうか何も思わずたたずんでみたくて 春の便りは その名ばかりで薄ずみ色した さい果ての海私の捨てた 哀しい恋よ遠くへ遠くへ 流れていって 遙かなロシアのしんきろうへと
新しい誰かのためにわたしなど 思い出さないで声にさえもならなかった あのひと言を季節は運んでく 時の彼方六月は蒼く煙ってなにもかもにじませている雨のステイション会える気がしていくつ人影見送っただろう 霧深い町の通りをかすめ飛ぶつばめが好きよ心縛るものをすててかけてゆきたいなつかしい腕の中 今すぐにも六月は蒼く煙ってなにもかもにじませている雨のステイション会える気がしていくつ人影見送っただろう 雨のステ
別れることをどちらともなく言った私一人で飲んで行くわと君はつぶやく ぼくは出て行く あれはほんの数分前のことなのになぜだか遠い日の一こまみたいさ “あなた行かないでほんとうは今 泣いてるの” 靴音だけが後をついて来るのさ霧に滲んだ青い街の燈ぼくの背中へゆっくり消える 近くの電話からあの店にかけたい君の声聞いたら苦しいだけなのに “早く忘れたい彼のことは 何もかも” “Honey I think you’
輝く五月の草原をさざ波はるかに渡ってゆく飛行機の影と雲の影山すそかけおりる着陸ま近のイヤホーンがお天気知らせるささやきMORIOKAというその響きがロシア語みたいだった 三つ編みの髪をほどいてごらんタラップの風が肩にあつまるもしも もしもこの季節たずね来ればきったわかるはずあなたが気になりだしてから世界が息づいてる 銀河の童話を読みかけてまどろみ 心ははばたくあてもなく歩くこの町も去る日は涙がでる セロ
一万光年 離れていてもつのる恋しさは 消せないの会えぬ一秒は ガラス瓶にいとしさをつめた 小宇宙 星化粧を ちりばめて私はハレー 恋をさまよう 夜は千の眼を 持つというのあなたは瞳で 抱きしめて 星化粧を ちりばめて私はハレー あなたの中へ 1910 今わかったの1986 私はあなたの前世の恋人 二人の星座は 離れていても運命を変えて 唇で 星化粧を ちりばめて私はハレー あなたの中へ舞いおりてゆく あなたの
幼いころに 開いた絵本が君を照らした夜に果てしない旅が 始まったのさあの時から 真夏の午後のParadeで迷って泣いた君をつれ戻してくれた あの光は Starship 心の銀河にふりそそいでいた 流星群 Starship たどりつけるまで追い続けて Starshiplight up your life 傷ついたglory 愛のないstoryさまよう惑星で暗闇を越えて 君の名をalways呼んでいるよ 仕事にあけく
恋のレースを 楽しんでる あの娘甘いスリルに あなたは夢中なの奪うことがすべてそれが恋のABCでも憶えてて 大切なこと I wanna tell you baby, I wanna show you babyあの娘の嘘がいつかは あなたを傷つけるのよ今は私 一人のGirl friend 少し遠くからAnd I love you
鍵のついた あなただけの日記に出てくるその娘(こ)の名前を 私知りたいの灯りつけて 想いこめて誰の名を書くの私の名前なら すてきだけれど 小さな想い出も 書いているのでしょ大好きと書いてほしいダーリン あなたが好き 大事な夢 かなえさせて悲しませないで私は見たいの 鍵のあるダイアリー 大事な夢 かなえさせて悲しませないで私は見たいの 鍵のあるダイアリー
花びら散らし 駆けて行くオシャレな風に 恋をしたよ 立ち止まる僕の胸に 残る面影青春を刻み込む朝よ Good Feeling 愛みちた ひと言Good Feeling あなたに とどけてほしい 人ごみの中 埋もれてた明かるい恋を 育てたいよ 水色の空が似合う 眩しい人なら青春を刻み込む朝よ Good Feeling やさしさの 手ざわりGood Feeling あなたに 耳うちしたい Good Feeling 愛みちた
淋しさから 逃れたくて日記をひらいてみるけどなおさら 悲しくなるばかりよどのページを 読んでみてもあなたのにおいがするのねメモランダムまぼろしと消えた過去の足跡 鳥のようにはばたいてあなたの青空を飛んでいたのね あの頃は翼もがれた あわれな小鳥は今夜も呼んでいる あなた あなた この日記を 指でちぎり風の中に舞い散らせばあなたの 影も散ってゆくでしょう涙のあと 数えながらにじんだインクをなぞればメモラ