ある少女が道端の健気な花に 水をやり語り掛けてた誰も知らない名もなき花に 見つめながら笑いかけていたケガをいたわる母のように とても仲良い友のように数日後その花は力強く咲いてた…ナイスネイチャー! ナイスネイチャー!ある若者がしょっぱい顔して アスファルトにタバコをポイ捨てた足を広げ睨みながら なにかボソボソ叫んでいた自分の家じゃないからいいのか? 誰も見て無いからいいのか?やったもの勝ちの様な顔
ある少女が道端の健気な花に 水をやり語り掛けてた誰も知らない名もなき花に 見つめながら笑いかけていたケガをいたわる母のように とても仲良い友のように数日後その花は力強く咲いてた…ナイスネイチャー! ナイスネイチャー!ある若者がしょっぱい顔して アスファルトにタバコをポイ捨てた足を広げ睨みながら なにかボソボソ叫んでいた自分の家じゃないからいいのか? 誰も見て無いからいいのか?やったもの勝ちの様な顔
ある少女が道端の健気な花に 水をやり語り掛けてた誰も知らない名もなき花に 見つめながら笑いかけていたケガをいたわる母のように とても仲良い友のように数日後その花は力強く咲いてた…ナイスネイチャー! ナイスネイチャー!ある若者がしょっぱい顔して アスファルトにタバコをポイ捨てた足を広げ睨みながら なにかボソボソ叫んでいた自分の家じゃないからいいのか? 誰も見て無いからいいのか?やったもの勝ちの様な顔