アクアリア — ナイトメア

人魚はここで生き 海に沈んだ
命あるものの遥か昔 記憶された跡

海が写し出す 光と影は
かけた月の夜 闇の中へ消えていった

今まで築きあげてきた モノを棄て去り
遠い光が指し示してた 場所を求めて
貴方を感じたい

青く輝く あの月の彼方へ
大事なモノを全てなげうっても
貴方に会いたい
母なる海は いつも何もかもを見ていた
過去と未来をつないでいるモノの運命
たえず胸をこがし続け 傷つく痛み
想いを遂げる事ができずに迷うとしても
月が導くから

青く輝く あの海の彼方へ
貴方のもとに想いをのせてゆき
胸に示してた
泡になり この身がもう消えるまで
満ちた月の浮かぶ空を見上げ 想い続けてる
海に抱かれて 月に照らされ 眠りについて