クレイドル・ソング – ドレスコーズ

さよならの時が 近づき
ぼくたちと きたら
それにすら 気付かないまま
まぼろしを 見てた

サンデーパーク とてもおだやか
きみと笑い合った 想い出もあるわ

見渡すかぎりの世界は ふたりのもの
いつかのぼくときみとの足跡
まばゆい朝の光も この道も
すべてはぼくときみとのものだった
ものだったんだった

星は見た あらゆるものが
あらそい 生きる すがた
そのことで 悩んだものは
かつて いないのです

風が歌う ゆりかごの歌
ぼくは ふいに泣いた
しぬのは こわかったわ

かみさまとひとのはざまで 夜をまつ
かしこいけれど かなしいぼくたち
素敵だったよ いつも 素敵だった
これがつづくと 思ってたんだった
思ってたんだった

やがて 夜がきて
月に 火が灯る
まぼろしのときよ
いそがないで

まだ まだ まだ まだ