社交期の終わり間際 夢も終わる静寂の心に 1羽の駒鳥止まるwktkる 滾る 漲ってく私をふしだらな3拍子の 誘う小悪魔ワルツShh 息を殺して So 森の奥までAh ユラメキラメク其処はエデンUh ピカる唇 Oh プニる二の腕すべすべ鎖骨 甘い君はドルチェ?逝こう駒鳥の空へ5千の敵兵 行手を遮ろうともLovin You 君を離さない背骨の後ろの裏まで抱きしめたい!!社交期が 私の中だけ始まる心の
薔薇色の風 あなたの吐息さ会うたびにホラ 美しいどんな魔法なんだい?甘い腰つきは 時をも止めるさめくるめく輝き 戯れに瞬く人生シャラララ美しいもの 見せてあげよう鏡に映るあなたさ鮮やかな瞬間(とき) 溶けゆく退屈百の花より 薫り咲き乱れるLadyいたずらに 焦らしてまた夢で逢えるさ「おぅ…おう!世界中を照らすその眩い輝き。ドレスの下の高級かつ繊細な甘みの、麗しき刺激…。チュッチュッチュッ…たやすく