空飛ぶニワトリ – ドリーミング

雲ひとつない 青空を見た時
ボクにだって きっと出来ると思った
もう決して迷わないさ
ここから飛び出してゆくのさ
自分らしいフォームで

白い息は キラキラと輝いて
夜明けの向こう 目指すは夢のひだまり
そこはとても暖かで
すべて包み込む太陽が
一億五千万遥か遠くで照らしていた

そうさボクは飛びたいんだよ
もっと届きたいんだよ
まだ見たことない“可能性の空”へ
今ボクは飛びたいんだよ
夢を叶えたいんだよ
ボクにもあるキセキの翼を広げて

そんなボクを 渡り鳥が笑うのさ
「キミになんて できるわけがないさ」って
たとえ嵐の中でも
何度振り出しに戻っても
負けなければいいのさ

もっと強くもっと大きく描いて
その先へと不可能を振り払って
夢はきのうにはないさ
あしたに後悔はないのさ
あきらめることは傷つくよりも悔しいから

だからボクは飛びたいんだよ
決して恐れないんだよ
遥かなる未来“自由自在の空”へ
一歩踏み出せばいいんだよ
それが飛ぶことなんだよ
ボクにもあるユウキの翼を広げて

そうさボクは飛びたいんだよ
もっと届きたいんだよ
まだ見たことない“可能性の空”へ
きっとボクは飛べるんだよ
夢をかなえられるんだよ
ボクにもあるキセキの翼を広げて

ボクらにあるユウキの翼を信じて

広げて広げて広げて広げて…