あの人に伝えたいたったひとことだけ背中のうしろで ひそかに告げたいガンバロネ ガンバロネ涙こぼれたって明日はいつも来るよ君の笑う声を聞きたいよ 明日 (明日も)あの人に伝えたい風が唄うように私の想いを こっそり告げたいガンバロネ ガンバロネもしもつらい時も夢だけ忘れないでいつか君の夢がほんとうに なるよ (なるのさ)ほんとうに なるよ (なるのさ)
<氷の世界>だあれもいないここはどこなのなにかがたりないなにが消えたの<太陽の世界>サンシャイン夢のパラダイスうたい踊るのよぜんぶ 思いのままねもう~最高のきぶんティアラもきっとわたしのものね<雨の歌>雨の音符にあわせてふたりでうたうのこころ 晴れる ほら!傘なんて いらないよどしゃ降りはぐれても耳をすませば きっと!遠くから君の歌届く… 届く…<嵐との戦い>引き離してやるとはためく黒いマント戦う
森にこだまする 動物の声あれは喜びか 悲しみか山を走るもの 空を飛ぶもの荒野を群なし 駆けるもの自然はいつも 厳しい運命(さだめ)を動物たちに 与えるけどごらんよ けなげに そして自由に生命(いのち)あるものは 生きている白い雪の上に 足跡があるはるか遠くへと つづいているやがて春になり 愛をうけつぎ小さな命が 生まれるよ自然の中で けわしい季節を動物たちは すごしてゆくがごらんよ 元気に そして
どうしてひとを好きになるの?一人じゃなんで淋しいの?そうね不思議だよね答えはきみが見つけてきてママにもきっと教えてねいつも感じたままを…いつか大人になってこの家(ウチ)をでるまではきみの話しが聞きたいわはじめて出逢う素敵なことたくさんあるはずよ両手いっぱい集めておいで帰ってきたら家族(みんな)そろって楽しいごはんにしようおもては光りかがやいてる迎えにきたよ友達が今日も元気でいてねシャツを汚しちゃう
ふたごの牧場 一緒に空の下たねをまくしぜんの中で ほのぼの暮らすなかまたちとつくる季節畑はそれぞれちがうけど同じゆめといのち育ててるきみのおいしいやさいもぼくのふわふわひつじもぜんぶ大事なたからものみんな仲良し だいすきふたごの牧場 いつでも助け合って生きているたまのナミダは恵みの雨きずなの花 すてきに咲く畑がそれぞれちがうからわけあう喜びがあるんだねきみのえがおをもらってぼくはげんきになれるよい
大きな栗の木の下であなたとわたしなかよく遊びましょう大きな栗の木の下で大きな山のてっぺんでおそらの雲とたのしくうたいましょう大きな山のてっぺんで大きな地球のあちこちで世界のひとと輪になり踊りましょう大きな地球のあちこちで
わたしゃ音楽家 山の小りすじょうずに バイオリン ひいてみましょうキュキュ キュッキュッキュッ ……いかがですわたしゃ音楽家 山のうさぎじょうずに ピアノを ひいてみましょうポポ ポロンポロンポロン ……いかがですわたしゃ音楽家 山の小鳥じょうずに フルート ふいてみましょうピピ ピッピッピッ ……いかがですわたしゃ音楽家 山のたぬきじょうずに 太鼓を たたいてみましょうポコ ポンポコポン ……い
空の青さに 染まりもせずにはてしない旅 つづける私バラ色の雲 ときめく空をいのち燃やして 私は 光るルルルル ルルルルルルル ルルルルルル ルルルルルルルルル ル・ル・ル夜のマントを 風になびかせ夜空の騎士の つぶらな眸(ひとみ)影絵の世界 またたく星座空の旅びと 私は 光る燃える光と やさしい光金色の夢 銀色の夢昼と夜との ふたつの光夢を夢見て 二人は 光るルルルル ルルルルルルル ルルルルルル
雲ひとつない 青空を見た時ボクにだって きっと出来ると思ったもう決して迷わないさここから飛び出してゆくのさ自分らしいフォームで白い息は キラキラと輝いて夜明けの向こう 目指すは夢のひだまりそこはとても暖かですべて包み込む太陽が一億五千万遥か遠くで照らしていたそうさボクは飛びたいんだよもっと届きたいんだよまだ見たことない“可能性の空”へ今ボクは飛びたいんだよ夢を叶えたいんだよボクにもあるキセキの翼を
虹をめざしていこうひとりで悩まないで涙の雨があふれても手をつなぎいこう夢は いつも あなたを見ている祈り叶う力 信じてる寂しくなったら 思い出すんだ大切な人がいるよ前を向いて走れ 転んでも (前を向いて 走れ)そこに意味が必ずあるから (そこに意味が あるから)夢から覚めて 新しい朝 (夢から覚めて 新しい)冒険に出かけよう (冒険に出よう)虹をめざしていこう歩幅合わせていこう嬉しい日も悲しい日も
ちいさなふたごの 夢の子は南の空で生まれたのお日様の光たっぷりあびて明るく元気に 育ちますふたごのふるさとそれは太陽 それは母親(かあさん)たったひとつの ふたごのふるさとこの空に 生まれてきて良かったねちいさなふたごの 夢の子は緑の国で育ったの大きな大地しっかりふんで強く元気に 歩きますふたごのふるさとそれは大地 それは父親(とうさん)たったひとつの ふたごのふるさとこの土に 生まれてきて良かっ
バンナナ バナナン バンナナバンナナ バナナン バンナナ南の海にうかぶバナナのかたちのバナナ島バナナの風が吹くなんていい匂いバンナナ バナナン バンナナバナナダンス おどろうバンナナ バナナン バンナナバンナナ バナナン バンナナバンナナ バナナン バンナナバンナナ バナナン バンナナバナナの林の中のバナナの色したバナナ鳥バナナをたべながらいつもうたってるバンナナ バナナン バンナナバナナダンス 
勇気(ゆうき)の鈴(すず)が りんりんりんふしぎな冒険(ぼうけん) るんるんるんアンパン しょくぱん カレーパンジャムバタチーズ だんだんだんルンルンかわいい おむすびまんゴシゴシみがくよ はみがきまんめだまが らんらん ばいきんまんそれいけ ぼくらの アンパンマン名犬(めいけん)チーズ わんわんわんきもちがわるいな かびるんるんあまいのだいすき アンコラてんてんどんどん てんどんまんどこから き
輪になって いっしょに手をつなごうみんな友達さ こんにちはハロー ハロー さあ ハローぼくたちの 物語 はじめようみんな あつまって かけだそう 広い世界時には ケンカして 悲しくなるけどすてきな夢が みつけられるよほら いっしょに いたらぼくらの声が 空まで とどく大きく声をあわせさあ こんにちは手のひらを 遠くへのばしたら空の雲だって つかめるよハロー ハロー さあ ハロー元気よく歩いてゆきた
ヤーダ ヤーダせっかく生まれてきたのになんにもしないのは ヤーダ冒険したい光る雲のように空を駆けていきたいヤーダ ヤーダ ヤーダ ヤーダヤーダ ヤーダ青い地球はまわってるのにぼんやり眠るのは ヤーダ冒険したい星の鳥のように銀の翼ひろげてヤーダ ヤーダ ヤーダ ヤーダヤーダ ヤーダ虹が七色に燃えている見ているだけなんて ヤーダ冒険したい若い風のように夢をのせて吹くんだヤーダ ヤーダ ヤーダ ヤーダ
カナカナカナ カーナ カナカーナカナカナカナカーナ カナカーナこころが迷う わからないカナリア歌う この森でジグザグはねる 野うさぎといっしょに はねてはいけないのかな カーナたのしいことは悪いことなの カーナわからない わからない私には わからない カーナカナカナカナ カーナ カナカーナカナカナカナカーナ カナカーナみんなで歌を うたう時こころがはずむ うれしくてだれもがみんな なかよしで笑いあ
みんな大好き アンパンマンといっしょにうたうよ げんきよくドレミファソソソ こころがはずむドレミファうたおう こえあわせえがおがはじけてる うれしさこぼれるほらほらおどりだす なかよくてをつないであかいふくきた アンパンマンはほっぺもあかいよ りんごいろドレミファソソソ ゆめをさがしてドレミファうたえば うれしいねなみだとはさようなら かなしみバイバイほらほらわらいだす つらいことはわすれてだから
君は ちいさな ちびドラゴンまだ なにもかも ちいさくてなきむし よわむし あまえんぼうでも ある朝に とぶんだよ見知らぬ空へ ちびドラゴンとべ!とべ!ちびごんとべ!とべ!ちびごんとべ!とべ!ちびごんとべ!とべ!ちびごん夢が あるんだ ちびドラゴンほら 呼んでいる 遠い空なきむし よわむし あまえんぼうでも 旅だちの 日がくればふりむかないで ちびドラゴンとべ!とべ!ちびごんとべ!とべ!ちびごんと
ふしぎな ふしぎなおりがみを (ルルンルルン)あなたの ためにおりましょう (ルルンルルン)おりがみを おる夢を おる (ルンルンルン)ほら おり鶴がまいあがる (ルンルンルン)いのちの空をとんでいく(ルンルンルンルン)たのしく たのしくおりがみを (ルルンルルン)あなたの ためにおりましょう (ルルンルルン)おりがみを おる夢を おる (ルンルンルン)ほら 紙ひこうき風にのり (ルンルンルン)あ
アイアイアイアイ (アイアイ)愛らしい ひとみは何を夢みる君が好きだよ ノッシーくんとても好きだよノンノンノンきみに逢えてよかったなノンノン のんきな ノッシーくんノンノン ノンノン ノンノンノンノンノン ノンノン ノンノンノンなかよし ぼくたちはノンノン ノンノン ノンノンノンノンノン ノンノン ノンノンノンすてきな ともだちさアイアイアイアイ (アイアイ)愛らしい おでこに花をかざればひゃあ 
ガラスの靴が 消えた夜からおとぎの国はみえなくなったのガラスの靴をはけばほら 霧がはれて銀色の道がみえてくるかがやきながら今では誰も 信じないけどおとぎの国はすぐそばにあるのガラスの靴をはけばほら みえるでしょう白い馬にのった王子さまがかけてくるのが今では古い 夢なんだけどおとぎの国は誰でもいけるわカボチャの馬車にのればほら みえるでしょうコクリコの花がゆれる丘ガラスの城が
君はちいさな歯車でぼくもちいさな歯車さひとつひとつは役たたずそれでもふたつあわせればふしぎな力がうまれるのだロールアンドローラロールロールロールロールローラローラローラララロールアンドローラロールロールロールロールローラローラローララララほんのちいさな歯車もそれがなければ動かない君とぼくとが助け合い心がひとつになったとき大きな力が生まれるのだロールアンドローラロールロールロールロールローラローラロ
マリンマリンマリン君はかわいい海の白馬マリンウルトラマリンの海たてがみをなびかせて走れマリン走れ走れ走れどこまでもマリンマリン!マリンマリンマリン海で生まれた海の白馬マリンつぶらな瞳は青光る星ゆれる波走れマリン走れ走れ走れどこまでもマリンマリン!マリンマリンマリン君が好きだよ海の白馬マリンよせてはかえすよ波潮風にいなないて走れマリン走れ走れ走れどこまでもマリンマリン!
どこか知(し)らない 遠(とお)いところでだれかが泣(な)いている 声(こえ)がきこえる泣(な)かないで くじけないでぼくがここにいるよ勇気(ゆうき)の花(はな)がひらくときぼくが空(そら)をとんでいくからきっと君(きみ)を助(たす)けるから風(かぜ)がうずまく 深(ふか)い谷間(たにま)でぼくを呼(よ)んでいる 声(こえ)がきこえるおそれるな がんばるんだ夜(よる)はすぐにあける勇気(ゆうき)の
とべとべ小鳥 赤い鳥ユレルユレル オーロラ ユレルどこにあるのかオーロラのしずくとべとべルビーとぶんだルビー ルビーとべとべ小鳥 赤い鳥キララキララ オーロラ キララこごえる翼夢をのせてとべとべルビーとぶんだルビー ルビーとべとべ小鳥 赤い鳥キエルキエル オーロラ キエルなにもない空淋しすぎるとべとべルビーとぶんだルビー ルビーそれでもとぶよ愛をもとめとべとべルビーとぶんだルビー ルビー
虹色の雲 流れていくよ月・雪・花の夢をのせて心に熱いものがこみあげてくる イエーイ!うれしいんだ今が生きてることが う・れ・し・いみんなで世界を楽しくしようタンタン タララ ランランラン タンタン タララ ランランランタンタン タララ ランランラン タンタン タララララン金色まつげ 輝く太陽キラ・キラ・キラリ まばゆく光るあかるい笑顔が好き 涙さよなら イエーイ!うれしいんだ今が生きてることが う
私(わたし)はドキンちゃんなるべく楽(たの)しく暮(く)らしたいお金(かね)はたくさんあるのがいいおいしいものを食(た)べたいし遊(あそ)んで毎日(まいにち)暮(く)らしたいそんな私(わたし)よ ドキンドキンわがままなのよ ドキンドキンドキン私(わたし)はドキンちゃんみじめな暮(くら)しは大嫌(だいきら)い朝(あさ)から晩(ばん)までおしゃれして世界(せかい)の中(なか)の誰(だれ)よりも美(うつ
もし自信(じしん)をなくしてくじけそうになったらいいことだけ いいことだけ 思(おも)いだせそうさ空(そら)と海(うみ)を越(こ)えて 風(かぜ)のように走(はし)れ夢(ゆめ)と愛(あい)をつれて 地球(ちきゅう)をひとっ飛(と)びアンパンマンは君(きみ)さ 元気(げんき)をだしてアンパンマンは君(きみ)さ 力(ちから)のかぎりほらキラめくよ君(きみ)はやさしいヒーローさだいじなもの忘(わす)れて
あーん あん あーん あんある日 とつぜん アンパンに ソレいのちの星が落ちてきてそして生まれた アンパンマンひもじいひとを救うため空のはてまで 飛んでいく「ソレ アンアンアンときて アンパンマン」「ソレ アンアンアンときて アンパンマン」みんな大好き アンパンマンあーん
あかちゃんまんは ねむってる夢をみてる夢の国でぼうけんしてる赤いマントひるがえしどんな敵ともたたかうんだ森の強い王さまゴリラもあかちゃんまんには かなわないあかちゃんまんは 笑ってる夢をみてるそれはとても勇ましい夢甘いミルクのみながらなぞの砂漠をとんでいるんだすごいこわい お化けたちもあかちゃんまんには かなわないあかちゃんまんは おこってる夢をみてるよわいものいじめ ゆるせないすぐにたすけにいく