おれたち4人は旅を続けて数万km 北東を目指した求めるのは生命の更新辿り着いた最後のフロンティア氷河期すら乗り越えた4人は電気どころか言葉も要らない望みは捨てぬ我がベーリンジア辿り着いた最後のフロンティア
出来上がった毎日に嫌気がさした思わせぶりな態度に意味はないさあんたの戯言もう聞き飽きた憂鬱でいっそ染め上げましょうか黒い犬はよく吠える? こだました咆哮もうたくさんだ ジレンマで結構逃げ出したいんじゃなくて理由ほしいだけそもそも揺らいで消えてったらせめて突き放して 不敵な微笑みもそう消えてなくなったら万能の果実にかじりついたロックスターになった気でいるさきっと完璧なアリバイ 不純なカンケイ全部無造
感情にコンプを拍動にはセンサーをどうも器用にはなれないらしいんだCPU は過負荷ファンも壊れてるおれの行く先は「廃棄」なんだろう最後に光れ暴れだす and 暴れだす暴れだしたら止まらない暴れだしたこの感情お前に放ちたい暴れだす and 暴れだす愛が溢れて止まらない暴れだす and 暴れだす暴れだす感情はプリセット好きにしてくれよどうせ行く先は「燃えもしないゴミ」100年経って1000年経って理解さ
ああ嫌になった 全部投げ出したいリセットしようが自動保存されているこれが弊害 テクノロジー副作用用法用量 確かに守れてないかもねああ趣がねえ 人為誤差の排除より完璧なものを求めているこれは象徴 カルチャーの画一化規範規格 考えないのは楽かもね意識だけはそこにあってシャットダウン前に真実に触れたい信じたいもの信じられるか答えはそれだけ満たされない? 理性を欺け進化を拒み退化へ向かう老いて枯れて死んで
目覚めても夢見てる 僕はまだ眠らない夢現実妄想酩酊全部が融けて混ざり始めて定義なんてものは通用しない果たして今の僕は僕なのか自己存在アイデンティティもどれ基準で僕を僕とするねえどんな僕も愛してよ瞬きをすればするほどに 視界が歪んで時計回りはてさて、ここはどこ?ずっと 目覚めても 夢見てるなら これからも夢現いつか 心が果てるまでは 僕はまだ眠らないめくるめく意識の中で どこにも同じ君が立ってて僕と
おーおーおつかれさま今日も終わってく楽しめたかい 後悔はないかい悲しいことだけ 夜に置いていけ明日を迎えようやっと辿り着いた今この時辿り着けなかった友も遠く未だ大学受験の延長線不合格に怯えてるどこかの誰かの生活に僕は今日なれているのかなおつかれさま今日も終わってく楽しめたかい 後悔はないかい悲しいことだけ 夜に置いていけ明日を迎えようなんとか迎えられた今日この夜迎えられなかった人の飛び降り退屈な日
君は窓辺の席、今日もまた筆を持つ白と黒が混ざり合っていくパレット雨は降るでもなく雲で覆われたそのリアル溜め息を隠した君を見破った何も言わないクラウディガール視線は合わないまま曇り空を描いて君は何思うくすんだ灰色に溶けていく僕は藍を探して正しい嘘をついた儚く遠い夢を君は見てたんだ何度も塗りかえて元の色見失ってボロボロに乾いて脆く剥がれた天気予報は相変わらず叶わないサニーデイ曇り空続いて僕は何を待つ気
もしも僕1人いなくなってもスバラシイセカイは続いてくのかな誰しも僕らは完璧じゃなくて誰でも痛みを抱えて今日も生きて自分の弱さを他人のせいにしてやりきれずに眠れぬ夜が何度あった時代に遺されたオーパーツ誰もが通り過ぎるけどもしも僕1人いなくなったとして何も変わらずに回るセカイなら今1つ傷跡をどうせ僕らはいつか灰になって土に還るのが決まってるなら今君に優しくしようクソッタレなセカイだけどもうちょっとだけ
望遠鏡から遠ざかって流れるように過ぎ行く日々アルカディアの風景も知らないままに僕らは老いていく光の雨が街に降る日忘れた物も見つかるかなたまには出かけてみようか寝ぼけた君を連れ去ってひとりぼっちの地球からふたりきりの宇宙へ放つ光はぐれ星が銀河を駆けるよきっと僕らはここに辿り着いた流星巡り巡る今日は奇跡僕は君を探していた今 手がそっと触れるよ数え切れない星の海に傷つかないように身を潜めて手放しかけた胸
単純で明快なアンサーはどこだブリキのナイフはもう見飽きたぜ複雑で奇怪な感情の迷路太陽をめがけて飛んでみたらいい旅に出ようぜ風になるんだ心のままにフィールグッド安心と安全のシール剥がして看板も要らないぜもう迷わない道は続くんだ歩き続けよう好きに行こうぜオールライト旅に出ようぜ風になるんだ心のままにフィールグッドアンサーはここだ
愛も夢も終わり知らない匂い、憎いもう何も返さなくてもいいから反比例した時間も寂しさも腑抜けた腹に孤独をねじ込みたい恨みの刃を手に取る騙したわね私を何も知らずあなたは死ぬまで一緒と何度も言った思い知るわ女の化けの皮を剥がして地獄へようお越し今宵2人共に永遠の国へ行くの幸せのかけらどうぞ召し上がれ安らかに眠れおやすみなさい折れた口紅その目に突き立てたい赤と私を焼き付ける欺いたわね私を何も守らずあなたは
終結の合図だパブへ向かおうか鎧なんて脱ぎ捨てて僕は走り出す敵も味方も入り乱れてスロンチェかわせばわかわかわかわか分からない生きることは悲しみなのかごくごくごくごく飲み干せばあー楽しいアイルランドみんな顔赤らんですでに出来上がり魔法が包み込んだ特別な時間好きも嫌いも今は裏返し歌い踊れやぐつぐつぐつぐつ煮詰めてる憎しみ少々塩コショウがつがつがつがつ食べ尽くすあーおいしいアイルランド魔法が解ければ全て元
似ているようで違って噛み合いそうで噛み合わないそうさ僕たちは不良品?「運命」なんて笑えるぜ地球3周旅行の経験者?ずっと僕はまだもがいてるこの世界は嘘と建前が回してる簡単に見えて正直に生きるのはほんのちょっと難しいなんだってでこぼこ僕たち未完成2つとありえない感性キラキラ輝いて燦然まだまだ僕たちは未完成辻褄だけ合わせたって角と一緒に何か失ってそっと僕たちは壊れてく爆発寸前3,2,1 ボン!巻き戻しは
サイン尽く見て見ぬふりいよいよ気付いたらこの様さ悔いがないと言えば嘘になるバッターボックスへ神仏様監督様?お前の「仰せ」の通りにして祝杯はこの手にあったのかピッチャー構えた負けに負けて三球三振ついに迎えた9回裏ここからだろう反撃開始息つかせぬ逆転劇フルスイングの構え打ち返すスタンドめがけてそのど真ん中こそが新境地雲のその先へ起死回生込める一瞬に我が憂き目の日々デッドボールも辞さず食らいつく意地を見
話したい事見てほしい服聴かせたい歌あったような今日じゃなくてもまた明日でも君じゃなくてもなんて、冗談神様が多分幸せの蛇口を閉め忘れたんだろうそれを僕らは知らせないまま味わい尽くす最中Oh, my Juliet歌おうよ夜が明けるまでOh, my Juliet踊ろうよ眠くなるまで寄り添うよだらしない僕忙しない君時計の針は回るちょうどいいよと笑ってるのは君の方だけなんだOh, my Juliet信じてる
次から次へ移り変わりかわりがいれば心変わりかわるがわる回っていく時代はそうして変わっていく「盛者必衰は世の理」だとはいえそんなのお断り乗車もできずに振り落とされたあいつらの表情だけ永遠にまた1人今日もまた1人と死んでいく擦り切れてかつての見る影もないTEPPEN 超えてやんよ生きたい高く遠く刹那を煌めくため声枯らしてんじゃない1番好きって言って誓って好きって言って重いですか?そうですか?どっこいど
これは中国4000年の歴史レンゲという名の鉄拳標的まであと5cm今突き刺さるおれのドラゴンチャイニーズパッション パッションパッションセンスその光沢、月の如し立ち上る湯気、桃源郷とろみヌンチャクが捉えてその喉元に今絡みつくチャイニーズパッション パッションパッションセンス満月もやがては三日月へ音も立てず滴り落ちる汗全てを込めた最後の一突き昇天の煌めきを味わうのではなく感じろチャイニーズパッション 
泣きそうじゃない?世紀末のような顔して晴れ間が見えない見えない見えない見えないよ欲しいんじゃない?無敵のエイト&ビートテンポが足りない足りない足りない足りないよ高鳴る鼓動波打つクラップ心で踊ろうぜ毒を吐き散らしな僕が歌ってる君が笑ってるただそれだけで僕らロックンロールドリーマーズNa Na Naぱららっぱらー僕らは誰も正気じゃないそもそもふつうふつうふつうって何なんだ残念無念明日はどうせやって来る
A or Bの2択でお前はいつだってCを選んだ仲間外れは慣れっこ矛盾した口癖片目のロンリーキッド視界不良とか言って見えるものだって見えないふり満ち足りないの誰のせい?目を背けるなよ片目のロンリー「宝の在り処教えて」お前はもう手にしてるよ僕らは探してる全てを映す蒼い瞳をお前が知らない価値を与そう片目のロンリーキッド人生ライクアルーレットざっと1万分の1の確率がなる吠える喚くたかるそして今日も孤独なま
確かに僕は見たんだ黒いもやの中に優しい光の軌跡が僕を包み込んだ夏が過ぎるようにして指先離れた僕にとっての救世主それがキミだったベランダの向こう側に連れて行ってくれた風に揺れ動く背中夏の残像この夜はなんか不安だかすかに聴こえた気がした綺麗なハーモニーでも僕だけが知っている君が鳴かぬことを何度となく祈ったけど季節が戻るのをこんなに朝が遠いなんて秋の夜長
みんな羽ばたいって行った背中を押して見送ってっただけど堕ちるところも見たその羽根を握りしめて俯く東京の空が気になったり同じ空だと強がってみたり当てのない軌道を示す羅針盤はいらない今でも夢はまだ死なないきっと僕にしか歌えない詩がここにだけあるから夢が夢じゃなくなるように気付けば僕にも生えてた絶対折れない「キミ」という羽根遠くへ行くためじゃないもっと高いところへ行かなくちゃ裏切られたって見捨てられたっ
幕開きの 止柝が劈く抗いなど 何をも成さない突き一閃 心を澄ませば飛び六方 後には退けない踊れや踊れ 分け目など振らず見栄を切れ 鏡獅子の如く桜ひらひらと舞って水面に煌めく極彩色の調べ流れる春夏秋冬春の生命は儚くやがて枯れ散りゆく人生こそ花道狂えや花鳥風月一丁柝の 合いの手大向う和となっては 響けよお囃子絶景かな 刹那を興せば満開の儀 これにてお開き盛れや盛れ 今宵咲き誇れ散るほどに 眼目の毛振乱
どうしようもないこと拾い上げてはカゴに放り投げるギアは三速でいつも笑われる僕の宝物ほんとうのことは風も知っているガラクタだ僕らもきしんでボロボロだけど大きな声で歌が歌えるそれでいいんだなんでもないようなことだけ僕らはきっとずっと歌ってたい歌をうたうでこぼこ道に泣いた日もあるさ傷も言っているまあいいやってちょうど良いところ見つけては僕らはもっとちゃんと楽をしたい夢を見てる大きいペダルは玉に瑕だけどそ
今走り出せ最高速で吹雪をもてなづけてこの終わりなき道行かん走れいざ勇み立て出陣の時雪山も乗り越えてあの頂きに届くまで進めついに満身創痍でも両目は見開いて
あの日僕は死んだ君のせいだよずっと騙されてた時を返して「私人見知りよ」僕は特別?君の常套句によくも欺かれ何とない手つきもどうにか読み解こうとして意味が無いなら優しさを振り回すのはやめて、やめてずるいよ、ずるいよそんな顔で気付いてないふりして弄んでる君はずるいよ、ずるいよその心はここにはなかったんだ「私の彼がね」唐突な雨悪びれてくれもしないね全部が憎い行き場のない体温生ぬるく爛れ始めて柔らかい刃物が
気付けば1人 人混みに揺られ僕は流れる夕の寺町見慣れたアーケードを2つ目の角に後ろ姿を見たような気がした僕は1人じゃ迷っちゃうのに手を引く君が居ないさよならまだ響いてる君の最後の声がいつか教えてくれた9番出口で待つよいつかの2人 四条大橋右手ははぐれた川を隔てて弱かった君を強がらせてた僕は気付けずあの日泣かせた「嫌いになったわけじゃないの」続きは言わないでさよなら優しい嘘がずっと続くはずだったキミ
流れの早い雲は僕らを置き去りにして気付いたら夏は薄れて君はどう?僕はどうなんだ?なんとなく続くはずの日々だったのにあっけなく空は君を連れて君はどう?僕はどうなんだ?忘れないでね覚えてるからさ忘れないでねあの夏の日々のこといつだって君は僕を振って回して僕のことは今はいいよどうかお元気で僕は大丈夫忘れてしまうから声も温度も匂いも忘れてしまうからせめて最後に目を開けて
白く染まる3月、帰路足跡重ねた気付いたのは4度目の冬本当の心今さら恋にならない近いはずの君が遠いこの雪が融ける前に伝えることがあったんだ春の風は君を連れてまた季節は巡る さよならスーツ姿髪を結って君は旅立つ「寂しいなあ」「せいせいする」本当の気持ち?うずめたマフラーの中どういう顔をしてたの?この雪もじきに融けて伝えることも薄らいでく春の光、君を照らす僕らは「友だち」 それまで無邪気な笑顔が痛いこれ
さよなら世界別れを告げたら振り返らずに乗車するおやすみ世界出発のベル歪んだ車窓 僕を映す「嫌いじゃない、、、好きでもないわ、、、」モノクロの街背にして車輪は動き始める世界の終わりそれは始まり再生に向かうエピローグライトが照らす終わり始まりスピードを上げてさよなら世界2回目のサイン崩壊サイレンス遭難信号今 愛求めて S.O.S世界の終わりそれは始まり再生に込めた不協和音(ディスコード)融けて消えてく
自分だけ時が止まった世界に閉じ込められている違う世界を生きる仲間はすっかり大人になっていた敵の見えぬ戦いは今日も続いている自分に打ち勝つ強さだけを信じてる未来を手の中に過去を越えて行け開ける世界は君を待っているとりとめのない日々なんだと気付く日がいつかやってくるから周りを見渡せば見渡すほど小さくなっていく自分いつも誰かを羨ましがってばかり情けなくなるな大人になるための席取りゲームらしい全てじゃない