さなぎのそと – ドミコ

歯形は消えてそうで消えちゃいない
火傷はまばらに見える場所に残ったまま
大した記憶はバラバラに分解して無い
わたしは物足りないの

こんなに 眺めたり 味わっていても
声は聞こえない
どれだけ朝を迎えても姿形は何も見えない

羽もげても飛んでいくよ
あなたへと
どこまででも飛んでいけるさ

褪せてもない 目覚めたりもしない
そのまま思い出したいもの
きっと大したものはないな
大人になりたいの

こんなに 眺めたり 味わっていても
声は聞こえない
どれだけ朝を迎えても姿形は何も見えない

羽もげても飛んでいくよ
あなたへと
どこまででも飛んでいけるさ

羽もがれていようが
危なっかしい
荒波さらわれてしまおうが
飛んでいけるさ