愛のくらし — テレサ・テン

この両手に 花を抱えて
あの日 あなたの 家をたずねた
窓をあけた 陽ざしの中で
あなたは 笑って むかえた
手をつなぎ 頬よせて
くり返す 愛のくらし
花は枯れて 冬がきても
すてきな日々は 続いていた
愛を語る ことばよりも
吹きすぎる 風の中で
求めあう ぬくもりが
愛の 変わらぬ しるし

人は幾度も 愛に出会い
終わりのない 愛を信じた
ある日 気がつく 愛の終わりに
人は 幾度も 泣いた
手をつなぎ 頬よせて
くり返す 愛のくらし
花は咲いて 春が来ても
すてきな日々は 戻ってこない
愛を語る ことばよりも
風に凍(こご)えた この両手に
あなたの体の ぬくもりが
今も 消えずに 残る