ご褒美なんて恐れ多い「生きているだけで十分です」とそれは本心か 謙遜は無用さアンラッキーを誰かのせいにしたいだけでしょうそんな風じゃいつまでたっても神様は居ない 居ない 居ないはずはないそれぞれの胸に聞いてみろよ その声迷ってしまうよ 比べてばかりじゃ隣の芝生は 青くなんかない溢れかえるスタンダードに振り回され逆境さえに手を合わせて「ありがとう」なんて言えない 言えない 言えないはずはないほら そ
どんな当たり前な風景も奇跡の向こうで生まれてきたのに名前をなくしたせいで 忘れられたのかな振り向いて 君に気づけたなら 名前をつけましょう さあいつだって 追いかけていたのは 未来の光だったね世界が瞬きしている間に 次のドアを開けて連れ去って さあ 行こう「毎日が記念日だっていいのに」とそれはちょっと極端だけれども ねぇもう帰れない「今日」という世界が 眠りにつく前に振り向いて 君に気づけたなら 
臆病な僕を許して 気を遣わせて ごめんね都合の良い現実だけを 受け入れる癖がついちゃって黄色信号が妙に長いな目を合わせられたなら さあLet me know what youre feeling.Let me know what youre feeling.時計の針は止めて 僕らだけの世界へ巻き戻しだってできるはずさI want to know
サラバをねえねえ きっと いつかはきっと また会えるかな僕には僕の、君には君の、未来があるでしょう離れていても 僕らはずっと 繋がっているなんて恥ずかしすぎて 言えないけれど胸にしまっとくよだんだん 遠くになっていくだんだん 見えなくなっていくだんだん 忘れてしまうのかなだんだんとサラバを君に伝えに行かなくちゃ君に伝えに行かなくちゃサラバを君に伝えに行かなくちゃ君に伝えに行かなくちゃ「昔はもっと良
あっという間に 今週も終わってしまう平凡な夜さ それも何度目でしょう頭の中は 次の週末へそんなんじゃ 今年も終わってしまうHave a good day. なんて言わないでまだ間に合うさ Yeah!Sunday night Sunday night sunny明日が憂鬱な朝に なってもいいから今夜は踊ろうSunday night Sunday night sunny怖がる必要なんて無いきっと目が覚
結果論で未来を操作して あやふやにしないで隠したってキリがないのに 意地を張ってるんだ気付いていないふりは飽きちゃって 誤魔化しきれない引き返せない場所まで来て 初めて吐くんだそうさ 僕はきっと ワンダーランダー本当は全部知ってたんだ不思議の国でずっと 迎えを待っているんだ「あいつは少し変わっている」なんて 簡単に言わないで通用しない“普通”を用意して 追いつめないでそうさ きっと君は ワンダーラ
その光が君だけの物だなんて勘違いさ照らすつもりは何もないんだ海の底で僕らが生まれる前にずっといたんだずっといるんだ太陽は燃え尽きやしない僕らが眠ったって手をかざしてイメージするのさ夜の続きを生きているとか生かされているだとか関係ないさそれで何が変わるって言うの?太陽は君を照らすのさ君だけを照らすのさ手を合わせて祈るんだ きっと夜明けが来るのを太陽が燃え尽きるまで生命(いのち)は続くはずさ太陽が燃え
真っ白なカーテンをして今夜も眠るつもりかい?傷つくのが怖くて目をつぶってばかりさtonightgood night閉じた窓を開けたら大きく息を吸ってみて眠るのが惜しいくらいそんな夜の始まりさtonightgood night
それは猛スピードで全てを奪っていくよ見事なバランスで君はすり抜けてサバイバー 忘れるなよ君の代わりは いないサバイバー 運命さえ変えられると 信じてみないかまた つまずいて見失ったっていいさ置いていったりはしないサバイバー 忘れるなよ君の代わりは いないサバイバー 僕の夢を君に任せよう 好きに叶えてよサバイバー 忘れるなよ君の代わりは いないサバイバー 運命さえ変えられると 信じてみないか
ああ 青く澄みきった空に ずっとああ 気づかないまま 歩いていたフロントガラスに映った太陽君は少し目を細めて顔をあげたら 広がる世界でああ セントロメア美しいことを探そうああ 気まぐれな貴方のいたずらに 気づけたら繰り返すんだ 振り返ったっていいさ足跡を 辿ればいいだけさああ 雨は止んでいるのに傘を差したままさビルの隙間 吹いた風にめくれたスカート 手で押さえて顔をあげたら 口元が少し笑っていたん
ねぇ、言ったでしょ。誰もがみな prime minister 町を抱え文化思想から言語宗教まで母さん譲りのオリジナルなのさlong long time ago僕も君も 一つの国 町を支え敵味方の無い時代さ 同じ色の血を分けておー 地平線の向こうまで さあおー 手を伸ばしてneo neo 見せてくれよ世界はもうお前が引いた国境のなか愛してくれよ その線をとびこえてくれよ さあ遺伝子だけで決まるのなら
歩き続けた先に何が待っていても構わないんだ光が差して気づくことが全てじゃないと知っているから愛されるために生まれてきて愛するために 生きてるって決まっているのさそうでしょ マザー歩きつかれた君は立ち止まったって構わないんだ雨が止んでから聞こえてくるその歌声に さあ 耳をすましてSing for you.You are my dream. You are my future.Sing for you
そう 乱舞する少女トランス状態へショータイム始めるよmyself meets new myselfフラッシュバックして繰り返すトランス状態でショータイム始まるよ1234567 wait!連れってってよ imagination gap groundその先で踊り回るセンセーション連れってってよ imagination gap groundその先で踊り回るセンセーションおープラスとマイナスでワープした異
ハングリーな僕を満たすのは生ぬるい優越感あっという間に全部捨ててしまうのにファンタジーな君を惑わせる劣等感に蓋をして結局は何も口にしてないのさ器用じゃないのは ねぇお互い様だろ僕を比較級で測るなよ気づいてるんだろ?サイドセクション優等生に世界は変えられないいつだってそれは水槽のなかgood bye days 錆び付いた空へ飛び立ってしまえ ほら ふりきって貴方に認めてほしくて 上手に泳いでも目的地
ウィスパー ウィスパーshe hates Tuesday 大人数でジョイフルローテンション マシーンのせいさミスマッチ DJ ダンス ダンスウィスパー ウィスパーhe likes Wednesday少人数でトーク トークハイテンション 回路はショート寸前igg でロック ロックウィスパー ウィスパーshe hates Tuesday 大人数でジョイフルローテンション マシーンのせいさミスマッチ DJ
蹴っ飛ばしてくれこの違和感を全部エントロピーに従うつもりかいそうやって線を引いてうつむいて他人行儀はもううんざりさ教えてくれよ メロル世界は一つきりの生命教えてくれよ メロル手をつないで さあ 離さないで言語、宗教や思想は多様で結構仲間はずれはそっちの方かもしれないぜ?この星を構築する細胞のひとつになって息をしたい教えてくれよ メロル世界はひとつきりの生命メロル 分け合えるかい?未来を世界はひとつ
この星の生命は一つきりだとずっと前からきっと 決まってたのかな72億の鼓動を集めて繰り返すのさ 朝と夜を僕にこの世界は広すぎるけどどうしてかな この声が 届く気がするいいのにな いいのにな ひとつになっていいのにな いいのになひとつになって海の向こうで 見えない手をとって僕らはきっとこの星のたった一つの細胞みたい何一つ欠けてはいけない 僕も君も君の家族も僕の隣に君がいて 君の隣に彼がいる誰かの隣に
感情は檻の中 閉じ込めたんでしょ何か言いたそうにしているぜ 僕を呼んでいるの?極論 そのスペアキーは 首にぶら下げて気づかずにうろついてずっと 探しているんだ「こんなの初めて」 なんてもう何度目だっけ?ローテーション。 螺旋の渦にのまれているんだろ同じ風景 繰り返して 1time 2time 3time 夜は去っては待っているだけ泣いて 僕と眠って カモーン カモーン 怖くはないさ 迷わないで泣い
君が投げた世界を僕は手でキャッチして指をひろげたらそこは僕の支配下のワールド君が投げた言葉を僕は拾い集めて胸のポケットに入れた僕を支配するワード君が投げた世界を僕は手でキャッチして指をひろげたらそこは僕の支配下のワールド一つになろうなんてさくだらない考えかたさほら見せてごらんよ 君だけの軽快なステップMy world is not yours. Your world is not mine君が投げ
ご乱心なのは僕のせいかい?って、心外なんて言わないけど右足勝手に踏んだブレーキ 鼓動は遅れて速くなる5分後の世界を探したって 僕には関係無いけど感情に身を任せたって これ以上は見込めないでしょ「それならそうと先に言ってもらわなくちゃこっちは納得いかないでしょあなたもほらそういうことあるでしょそうやってまた黙り込んだってちっとも話は進まない」でも、進めたい話って ねぇ、一体何だっけ?ご乱心なのは僕の
夢見がちなガール 不埒な格好で誘惑したって気にも留めないぜ 夏が終わったって切なくなるもんか そんな時代はとっくに終わってるんだねぇもっと構ってよ 一人にしないでよ分かってるんでしょ 本当はさ ねぇもうめんどくせーな もうめんどくせーなずっと勘違いしてるんじゃないのさっきからもうめんどくせーな もうめんどくせーなずっと勘違いしているんじゃないのさっきから さっきから ずっと「ねぇいつものようにして
生まれたときから始まってる 矛盾を積み重ねて歩いてるそれをも認めず理屈をこねる これも僕の勝手な理論雨が降ってるのがせめての救いだったゆるんだ地面が僕の感覚を浮遊させる痛みとは別方向で起こっているそれを 鎮める最適な手段を探してるArc ループしてるよ arcArc 戻ってきてよ arc生まれたときから知っている 涙のながし方を知っている生まれたときから知っている 正しい呼吸の始め方を知っている雨
どうして先に行けない だって嘘はつけない決まって善は急げない だからもっと楽しませてどうして先が見えない だって嘘はつけない視界に突き刺さった 偽善を振り払って cold girl lost fictioncold girl lost fiction 冷たいナイフかざして 待ち伏せして夜を斬ったcold girl lost fictionどうして先が見えない だって嘘はつけない視界に突き刺さった 
前途有望な社会のくずで光栄 暇さえあれば右手ですぐに昇天底辺重ねて登って今に頂点 迷ったならつま先の向く方へ前途有望な社会のくずで光栄 暇さえあれば右手でまた昇天失くしたはずの流線型は左手 せめてもの償いにそれも捨てて有り得ないコンフゥーズ現状 砕け散るコンストラクションゆれる ゆれる ゆれる パルモア前途有望な社会のくずで光栄 暇さえあれば右手でまた昇天底辺重ねて登って今に頂点 迷ったならつま先
ねぇねぇシャドウ いつまでいるの?辺りはこんなに暗いのにそうそう夜が近くなっても気まぐれにずっと居座ってる シャドウねぇねぇシャドウ しゃがんだままで 次の夜明けまで待つつもりかい?そろそろ僕を寝かせてくれよ どうせすぐにまた会えるでしょみんなお前のことが嫌いさ (みんなお前のことが嫌いさ)ねぇねぇシャドウ早く帰れよいつまでも相手はしてられないOh Yeahそんな風にして 日々は繰り返す君は追いか
愛想笑いが一級のセールスもアイソレーション決め込んだパンクスもとなり合って背を向けて 同じ夜を迎えてるのに気まぐれな言葉がいつだって君を眠れなくさせるのは僕のせいかい? 僕のせいにしたいんだろう。息を吸って 息を吐いて 残っているのが お前の生命さこらえちゃダメさ ねぇ そうだろOh Someday is coming today. (Oh Someday is coming today.)Oh Someday
始めようぜ 新しい計画をさあ重なって 重なって 重なって始めようぜ 新しい呼吸をさあ飛び出して 飛び出して 飛び出してさあ目を開いて 眩しすぎやしないかい?こっちを向いて 名前を呼ぶ方へさあ手を取って おぼれたりはしないささあつかまって つかまって つかまってよ忘れてしまったんだ、帰り道を(Where do we come from, mama? You know?)アンダーソン 聞こえるかいアン
極端な話をしよう ディスカッションはそれからさ革新的なアイデアを みつけて みつけて暗示的なメソッドで 深層心理なびかせてさあ手を上げて立てよ ねえ早く ねぇ早く指先が選んだ たったそれだけなのに理性だと決めつけて 嘘でしょ 嘘でしょ信じ込めば真実と プラセボだって上等でしょ司令塔になりきってしまえ できるでしょ?Lie to myself Lie to myselfいま、囁いて 目を閉じればLie
孤独が好きなんて 本当は嘘さ大人になる日が近づいたのさかつて見た夢の中で僕は飛べていたっけなさなぎになって 夜明けを待って失わないで 希望を夢から覚め 羽を広げるその日までさなぎになって 夜明けを待って鳴り続けている 鼓動を誰にも止められやしないさ自由な空に 出会える為なら窓の無い部屋も 平気だって言うけどサヨナラした仲間だっているのさ気づいているんださなぎにやって 夜明けを待って失わないで 希望