一番星、みつけたっ – スピラ・スピカ

夕暮れ 西の彼方 明るい光
昼間の雨が 空を洗ったから いつもよりキレイ
こんな狭い空でも 見つけやすい
金星(めがみさま)は 今日は多分 キゲンがイイのかも

幼いころ手を引いて 星のこと教えてくれた
大きなあたたかい手は いつも優しかった

「一番星 みつけたっ ほら!」
“宵の明星”という呼び名もまだ覚えているよ
遠い あの街でも 見えているかなぁ

変わっていく速さに 置いていかれ
街の景色も 周りの人も 自分も変わっていく

いつでも帰って来なさい あの時言ってくれた
かけてくれる言葉たちは ただただあたたかく

溜め込んでいたものが こぼれた
どんな時でも 笑ってなきゃいけないと
少し 張り切りすぎ、緩めなきゃね…

吹き抜ける夜風はもう そろそろ冷たくて

あぁ!一番星 きらめく あの空
いつかは誰かの希望も 照らしたい
でも隣で見守る 月も心配してるから
次の 休みには うちに帰ろうかなぁ