Maestro – ストレイテナー

予報通り 朝はまだ寒い
1番線に着く列車に乗る
それ以上でもそれ以下でもないよ
ただきみを探してる

色のない景色が流れて
汚れて傷ついた街に
忘れて残されたぼくは
どこかで意味を見失う

いつか聴いた歌が
まだ耳に残ってる
古い記憶のドアを開く鍵のようなメロディ
色を着けてみたい
やがて来る未来に
新しい世界の時間が動き始めるような色で

表通り 夜も眠らない
2番線に着く列車に乗る
それ以上でもそれ以下でもないよ
ただきみを探してる

日付のない毎日が過ぎて
落ちては消えてゆく雨に
立ち止まって振り返るぼくは
ここから意味を見つけ出す

いつか聴いた歌が
まだ耳に残ってる
古い記憶のドアを開く鍵のようなメロディ
色を着けてみたい
やがて来る未来に
新しい世界の時間が動き始めるような色で
未来に