青春 – スキマスイッチ

放課後グラウンドで 掛け声がこだまして
気づけば探していた
バトンを握りしめ 風を切って走る君に
またも懲りずに 心惹かれていく

思い出す思い出す 当たって砕けたあの日
うずくカサブタと しまえない気持ち

フワリ 恋が積もっていく
遠くで眺めているだけの儚い想い
まだ僕に 勇気があったらなぁ
そう わかっている 臆病になってすくんでいたら
ゴールはないって事

同じ教室で 過ごす日々もあとわずか
そしてそれぞれの道へ進んでいく

動きたいけど動けない 焦って抉らせているようだ
それでも季節は無情に過ぎていく

キラリ 光が差し込んで
ほんの少しだけ僕にチャンスをくれたらな
このまんま ただのクラスメイトなら
そう きっと君の青春の1ページにも
残りはしないだろう

旅立ちを祝う歌 思い出は走馬灯 迫る最後の時
繋げなかった手 見つめて やり残したことが まだ、僕にはある

フワリ 花びら舞っている
淀みなく澄み渡った空 逸る風
僕は今 君のもとへ走る
この胸に積もった想いを伝えよう
また砕けたって 勇気を振り絞って!