虚 – ジェル

思えば、随分大胆に
馬鹿らしいことを したもんだ

煙が 胸に滑り落ちて
肺の奥に 満ちていく

銃口を喉に突っ込んで
小気味良い音を 響かせて

裏返しの花が咲き出した
カンパニュラの色をして

汚れた牙を 剥き出して
獰猛に 彼は笑っていた

「此処じゃ 愛も夢も『覗くもの』だ。
これは『損』ってやつだぜ」

鉄格子を 飛び越えて
監視塔の下 忍び込んだ

塀の奥に 色が燃えている
TOKYOの 夜が燃えている

あぁ、僅かに憂う
景色の その先端で
無垢な 君が笑う

Fake
間違いを 叫んで
Fake
苦しいほど 不安で
Fake
骨ばった 体の奥で
未練を 燃やして

月の下 ネオンの奥で
華奢の腕を 掴んでいたんだ
怯えた君が 睨んでいる
「あなたは誰?」

思いも 届かないまま
言葉すら 返せないまま

愛し方を知らない 僕は
唸る喉を 締め付ける

確かに、歪でいる
僕らの この心臓は
どうしてか、人間だ

Fake
正しさを 恨んで
Fake
悲しいほど 純粋で
Fake
鋭くて 臆病な
牙を涙で濡らして

あぁ、いつから
夢に見ただろう
認められることを
愛し合うことを

獰猛な 姿で
生まれてしまったことを ただ笑って
大層な妄想さ

Fake
銃身が 弧を描いて
Fake
咲かない 花が咲いて
Fake
間違った 正しさで出来た
僕も染まって

Fake
間違いを 叫んで
Fake
苦しいほど 不安で
Fake
骨ばった 体の奥に
あったんだ 鼓動が