ロックンロールの 響きがいいあの娘しびれて くれるはずつっぱれ 意地はれ はりとおせかまうじゃないぞ 風の音雨にぬれぬれ 君と歩く久しぶりだね こんな夜送ってやろう 君の家まで昔のように 肩よせていずれの道も避けるな いつでも自分を 確かめろ大いなる人生手助け無用言葉多くて 振り返る人の笑顔に 恋焦がれ涙流した 日のことが今はどこかの酒のつま立ち上がる時 噛みしめたころんだ傷が 癒える時男の夢を